==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

さて、

今回は

「見込み客がリアリティを感じるか?」

について。

 
==================
見込み客がリアリティを感じるか?

 
なんでもかんでも強いコピーを書けばよい

というわけではない。

 
見込み客がリアリティを感じるコピー

ではないのなら効果的ではない。
==================

 
 
たとえば、

「年商1,000万円を目指す」

はよく使われる表現ですが、

見込み客がリアリティを感じないのなら

効果的ではありません。

 
 
「1,000万円かあ…。

自分にはムリかもなあ。

大変そうだし」

と思う見込み客も多いのです。

 
むしろ、

「まずは安定して月商50万円を目指す」

の方がリアリティを感じてもらえるので

反応が得られることも多いのです。

 
 
売り手は

「1,000万円欲しくないの?」

「多いほうがいいじゃん!」

と思うかもしれませんが、

リアリティが感じられないと

自分ごとにはならないので

結局反応しません。

 
 
また、

ちょっとした言い換えで印象が

大きく変わることもあります。

 
たとえば、

「年商1,000万円」のかわりに

「月商100万円を目指す」

「3万円の教材が1日1本売れる」

の方が反応があるかもしれません。

 
こちらの方がリアリティを感じるからです。

 
冷静に考えたら、

言っていることは同じと言いますか、

1,000万円以上なんですけどね(笑)

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

1ヶ月の予定を見やすくするため、

マンスリー手帳を買いました。

シンプルで好き!


https://amzn.to/2Zn5Lgu

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント