==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

昨日は、

ホームページ制作会社を経営している

中学の同期と情報交換。

 
5時間くらい話していました…(笑)

 
 

さて、

「新しい仕事を始めるのは不安」

だと言う方がいるのですが、、、

不安がっているばかりでは

何も始められません。

 
そんなときに役立てて欲しい

考え方をご紹介します。

 
(2019年に書いた記事を編集しました)

 
・・・・・

 
この2週間くらい、

あるプロモーションで

毎日30分ほどの打ち合わせを続けています。

 
初めての業種で、

初めてご一緒する方なので

慎重に行こうと思いまして。

 
 
打ち合わせ自体はあまり好きではありませんよ。

 
面倒くさがりなので、

できる限り参加したくないと思っています。

 
それでも毎日打ち合わせをしているのは、

毎日打ち合わせした方が結果が出やすいからです。

 
これは本当です。

 
うまくいくかどうか不安なら、

毎日30分打ち合わせをするのがオススメです。

 
15分でもいいです。

 
こまめに打ち合わせするのが重要です。

 
 
話すことはそんなにありませんよ。

 
「現状のシェア」

「今日は何をやるか?」

くらいです。

 
これでいいのです。

 
僕の場合は広告の話がメインなので、

「広告はこんな状況です」

「今度はこんな広告を出します」

の2点です。

 
 
はじめは不安だらけだったとしても、

毎日打ち合わせを繰り返して

お客様と一緒に考えていると、

自然と打ち手や解決策が見付かるんですよ。

 
「こんな切り口の広告を出したらうまくいきそう」

「LPの表現もこう変えたらよさそう」

「お客様に悩みをインタビューしてみよう」

とか。

 
 
一人で考えていたら思い付かないような打ち手が、

お客様と話している中で自然と見付かります。

 
誤りにも気付きやすくなります。

 
毎日打ち合わせをしているのだから当然です。

 
そして、

打ち合わせが終わったら

すぐに手を打って改善できます。

 
 
打ち合わせの時間は朝がオススメです。

 
夜ですと、

すぐに手を打とうと思っても手遅れだったり、

眠くて集中力が落ちているのでミスをするかもしれません。

 
僕たちも朝9時半から打ち合わせをしています。

 
どうしても都合がつかない場合は

夜のこともありますが、

なるべく朝に行います。

 
 
打ち合わせは毎日行わないとダメ

だというわけではありません。

 
外せない用事があるときには

やらなくてもかまいません。

 
ただし、

初めての業種やお客様で

何となく不安を感じているなら、

休んでも1日だけです。

 
これよりも間が空いてしまうと、

問題が起きていても気付きにくくなりますから。

 
 
「打ち合わせはいつまで続けるの?」

と思うかもしれませんが、

状況が安定するまでは続けるのがよいです。

 
状況が安定して、

「もう打ち合わせはやらなくても大丈夫」

と皆が思うまでは、

面倒でも続けることをオススメします。

 
全てのメンバーが参加しなくても、

中心メンバーだけでもOKです。

 
 
特に、

経験の浅いうちは

こまめに打ち合わせをしてください。

 
お客様に提案すると、

丁寧な印象を与えますし、

とても喜ばれますよ。

 
ほとんどの場合、

自分だけでなくお客様も

何となく不安を感じ取っているので

「こまめに打ち合わせをしたい」

と提案すると安心します。

 
もちろん、

お客様が

「打ち合わせは不要です」

と言ったのなら、

ムリにやらなくてもよいです(笑)

 
 

あなたは、毎日30分打ち合わせしていますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今日は実家へ。

紅葉を楽しんできます。

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント