==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

ふと思い出したのですが、、、

 
起業直後は

どうしても家で作業する気になれず、

 
よくルノアールに通っていました。

 
お世話になったなあ…。

 
 

さて、

プロモーションで

まとまった数のメールアドレスを

集めるための手段には、

広告とアフィリエイトがあります。

 
アフィリエイトとは、

第三者のメルマガやブログなどで紹介されて

登録があったということです。

 
メールアドレス1件あたり

1,200〜1,500円が報酬の相場です。

 
 
アフィリエイトが広告と大きく違うのは

「紹介者の存在」です。

 
アフィリエイトの場合は、

「○○さんの紹介だから」

という理由だけで、

内容がよく分からないのに登録してしまうこともあります。

 
影響力があってファンが多い人が紹介する場合に

よく起こります。

 
一方、広告には紹介者はありません。

 
 
紹介者の影響力が上積みされている分、

アフィリエイトの方が獲得単価が安くなることも多いです。

 
ですが、

あまりに獲得単価に差がある

(広告経由の獲得単価の方が高すぎる)

ときは、危険信号です。

 
 
なぜなら、

「影響力のある人からの紹介がないと登録してもらえないLP」

「新規ユーザにとって魅力的でないLP」

だからです。

 
自力で新しい人を集めてくる仕組みがないということですから、

非常に深刻な問題です。

 
単に、

「アフィリエイトの方が安い」

「広告はダメだなあ」

という話ではないのです。

 
 
アフィリエイトに比べて

広告経由の獲得単価があまりに高い場合には、

広告だけを変えてもあまり効果がありません。

 
LPやコンセプトも含めて見直してみてください。

 
このとき、

売り手側の視点で見直すのではなく、

「見込み客は欲しいと思うか?」

「見込み客はどう感じるのか?」

のように買い手側の視点で見直すのが重要です。

 
 
もちろん、

広告は使わずに

アフィリエイトに集中するという判断もアリです。

 
短期的には。

 
長期的には、

LPやコンセプトを見直して、

広告を使って

自力で集められる方がビジネスが安定します。

 
 
なお、

アフィリエイトを使う場合は、

どのように紹介されているのかも

厳しくチェックしてください。

 
 
影響力のある人が

「とにかく登録して!」

「登録してくれた人には抽選で○○をプレゼントします!」

なんて書いたら

(不正行為です)、

そりゃあ中身がよく分からなくても

登録してしまいますよね。

 
これでは見込み客ではない人や

バックエンドを買わない人が増えてしまいます。

 
数百件も登録があったのに、

バックエンド商品が1件も売れていないなんてこともあります。

 
 
つい獲得単価だけを見て一喜一憂してしまいますが、

たとえメールアドレスを安く集められても

バックエンド商品を買ってもらえなければ

売上にはつながりません。

 
赤字になることだってあります。

 
獲得単価が安いからといって、

最後まで気を抜けません。

 
獲得単価を気にしつつ、

本当に見込み客が集まっているのかも確認してくださいね。

 
 

あなたは、獲得単価だけを見て一喜一憂していませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

iPhoneを機種変して

10ヶ月ほど経ちました。

 
早くもバッテリーの減りが

早くなってきたような…(汗)

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント