==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

昨日は気分転換に

手羽元を使ったカレーと

手羽元と大根の煮物を作りました。

 
手羽元多め…(笑)

 
 

こちらぜひご登録くださいね!

登録者限定で濃いFacebookライブをやっています。

==================
自分の強みや、やりたいこと、商品がないけれど

まずは副業から堅実に収入を得たい方へ

 
あなたのPCスキルをキャッシュに変えて

「フリーランス」のように

場所や時間を問われない自由な働き方を

手に入れませんか?

 
3ヶ月で人生が変わる!

「集客サポーター養成プログラム」

https://withyou-group.net/tc/lp5/?kura

 
※全4回の無料動画講座をお送りしています。
==================

 
 

さて、

お客様から

「自分は何屋さんだと思われているのか?」

を気にしたことはありますか?

 
非常に重要なので、

常に気にしてくださいね。

 
 
たとえ話をご紹介します。

 
 
ある家電屋の修理技師さんが、

親しくしているお客様の自宅に何度も訪問していました。

 
あるときは洗濯機の修理に、

あるときはエアコンの修理に。

 
修理技師さんはリビングにある

ちょっと古めのテレビを見るたびに、

「そろそろテレビを買い換える時期かなあ」

「そろそろウチに注文が来るだろうなあ」

と期待していました。

 
 
ところが数ヶ月後に訪問してみると、

リビングのテレビがピカピカの最新型になっていたのです。

 
これには修理技師さんも驚き。

 
そしてちょっと怒り気味です。

 
 
「ちょっと待ってくださいよ。

テレビを買い換えるなら、

なんでウチで買ってくれないんですか?」

 
 
お客様はキョトンとして、

真顔でこう返しました。

 
 
「あんたのところでも買えたのかい?

全然知らなかったよ。

修理しかしないものとばかり思っていたよ。

それならそうと、ちゃんと言ってくれないと」

 
 
これは笑えません。

よくある怖い話です。

 
さすがに修理技師さんも

テレビのことを話題にはしていたでしょう。

 
でも、

お客様のアタマの中で

「この人は○○しかやらない人だ」

とイメージが固まっていると、

軽く伝えただけでは全く伝わりません。

 
売り手側が思う以上に、

「この人は○○しかやらない人だ」

と強く思い込んでいるものです。

 
 
まずは、

お客様と何度も会話して、

「お客様が自分のことを

何屋さんだと思っているのか?」

を確認してみてください。

 
もしも自分の認識とズレていたら、

「実はこういうこともやっているんですよ」

と切り出してみるとよいです。

 
折に触れて何度も。

 
1回言ったくらいではダメです。

 
それくらい、

思い込みの影響は強いのです。

 
 
何度も会っているからといって

安心してはいけません。

 
毎回、修理しかしていないのなら、

お客様からは

「修理しかしない人」

と間違いなく思われています。

 
お客様がどう思っているのかを

会話を通して正確に把握してください。

 
 
お客様と自分の認識とがズレていると、

知らないうちに売上を失ってしまいます。

 
逆に言えば、

認識のズレをなくすだけで

売上が上がるということです。

 
ぜひお客様から

「自分は何屋さんだと思われているのか?」

を確認してみてくださいね。

 
 

あなたは、お客様から何屋さんだと思われていますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

テレビで宮古島特集を見ました。

 
7月に行きましたが、

また行きたい…。

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント