==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

9月22日 朝8時から、

Facebookライブを行います!

 
起業コンサルタントの石塚洋輔さんとの

対談になります。

 
テーマは

「起業してお金を稼ぐとは」

の予定です。

 
ライブを見たいという方は

倉林に友達申請して頂くか、

フォローして頂けますと幸いです。


https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi

 
今回はちゃんと事前に告知できた…(笑)

 
 

さて、

売上がどん底のとき、

住宅ローンが計画通りに支払えなくなって、

数ヶ月滞納しては少し返済するのを繰り返していたことがあります。

 
さすがに銀行担当者も見るに見かねて

住宅ローンのリスケ(返済計画の見直し)を

提案してくださいました。

 
これには本当に助けられました。

 
「1年間は毎月3万円の支払いにしましょう。

その間に事業を立て直してください」

と言って頂きました。

 
それまでは毎月10万円くらいだったので

かなりラクになりました。

 
 
毎月の金銭的な負担が減ったことで、

精神的にラクになりました。

 
こうなると、

前向きに行動できるようになるんですよね。

 
お金の影響は大きいなあと思ったものです。

 
リスケしてもらえたことには本当に感謝しています。

 
 
実は、

住宅ローンのリスケは

前任の担当者からはダメだと言われていたんですよ。

 
僕の方からリスケして欲しいとお願いしたのですが、

それはムリだと突っぱねられたのです。

 
「じゃあもうどうしようもないですね…」

と不貞腐れたことを思い出します(笑)

 
 
その後1年くらい経ってから、

担当者が代わりまして。

 
新しい担当者から

「もう長いこと、数ヶ月滞納しては

まとめて支払うのを繰り返していますよね。

おそらく正常化はムリそうですから、

リスケしますか?」

と提案されたのです。

 
「あんたの銀行はできないって言ってたやんか!」

と思ったのですが、

そんなことはおくびにも出さずに

喜んでリスケしてもらいました。

 
拍子抜けするくらいあっさりリスケできましたよ。

 
前任者がダメだと言っていたのは

一体何だったのか(笑)

 
 
冷静に考えると、

前任の担当者からリスケを断られたのですが、

だからといって

「何があってもこの先ずっと絶対にリスケを認めない」

という意味ではないんですよね。

 
ただ、

前任の担当者が

そのときはリスケできないと言っただけです。

 
担当者が代わったり、

世の中の状況や銀行の方針が変わったりすれば

審査基準なんてすぐに変わります。

 
一度ダメだと言われても可能性はあるということです。

 
 
住宅ローンのリスケに限った話ではありません。

ビジネスでも当てはまります。

 
 
たとえば、

「○○をやってみたけど、

集客できなかった(売れなかった)」

なんて、

一度やってみただけで諦めてしまうのは

もったいないです。

 
今回○○という手法をやってみたけれど

思うようにいかなかった、

というだけですから。

 
改善して再び試してみたり、

他の手法と組み合わせてみたら、

あっさりうまくいく可能性があります。

 
一度やってみただけで

もうダメだと諦めてしまうのは

本当にもったいないです。

 
 
もちろん、

何度やってもダメだということもあります。

 
特に、

全く同じ方法を連続して何度も試したって

そんなに結果は変わりません。

 
ぜひ他の方法も試してみてください。

 
 

あなたは、一度ダメだったらもう終わりだと思っていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

昨日、「やりすぎ都市伝説」を録画しました!

見るのが楽しみ… ^-^

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント