==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

昨日は朝8時からFacebookライブをやっていました。

 
けっこう見てくれている方が多くてビックリ。

朝型が多いんだなあ ^-^

 
 

さて、

YouTubeでゴルフのレッスン動画を見ていたら、

こんな解説がありました。

 
 
「100点のショットはいらない。

ただ、20〜30点以下のショットをなくしたい」

 
「60〜70点くらいならOK。

ずっと60〜70点くらいのショットをしていれば、

そのうち調子がよくなる」

 
「打つというよりも運ぶ意識を持つ」

 
「たとえミスをしても、後でいくらでもリカバリーできる」

 
 
ゴルフに詳しくない方のために少し説明しますね。

 
ゴルフを始めたばかりのときは、

なかなかボールに当たらないし、

真っ直ぐ飛ばすのも遠くに飛ばすのも非常に難しいのです。

 
でも、

周りの人たちはいい音を出して

真っ直ぐ遠くに飛ばすわけですよ。

 
どうしても、

「早く自分もあんなふうに打ちたい!」

「全然真っ直ぐ飛ばないなあ」

「どうしたら真っ直ぐ遠くに飛ぶんだろう」

と焦りが募ってしまいます。

 
 
こうなると、

焦って力づくで飛ばそうとしてしまいます。

 
また、

「周りの人たちはちゃんと飛ばしているのに、

自分だけミスするのは恥ずかしい」

「80〜100点のナイスショットを打たないとダメ」

だと思うようになります。

 
さらに力づくで飛ばそうとします。

 
悪循環です。

 
 
ゴルフとは不思議なもので、

力づくで飛ばそうするとかえって飛びません。

 
僕も、

ゴルフを始めた直後は力づくで飛ばそうとしていたのですが、

隣の60代男性よりも飛ばせませんでした。

 
しかも右に左に曲がります。

 
チカラを抜いて、

「打つというよりも運ぶ意識を持つ」

(ゆっくり大きく振る)

ことを意識すると、

とたんに真っ直ぐ遠くに飛ぶようになります。

 
腕力があればよいというわけではないのです。

 
 
また、1回ミスをすると、

「ヤバい」と思ってカラダが固くなってミスを誘発します。

 
こんなときも、

「たとえミスをしても、後でいくらでもリカバリーできる」

と思って気楽に打っていれば、

ミスが起きにくくなり、

リカバリーできます。

 
 
何だか、

起業直後の頃に似ていると感じました。

 
あの頃は、

セミナーを満席にしないとダメ、

セールスを失敗したらダメだと思っていたものです。

 
また、

先輩起業家と自分を比べて、

「どうして売れないんだろう?」

「どうして集客できないんだろう?」

と悩んでいました。

 
100点を求めすぎていました。

 
 
今はわりと気楽です。

 
大きなミスをしなければよいと思っていますし、

「起業家たるもの、○○しなければいけない」

なんて気負いもありません。

 
今の方が売上も上がっていますし、

時間的にも精神的にも余裕があります。

 
 
手を抜くという意味ではありませんよ。

 
一つ一つの作業を丁寧にするのは非常に重要です。

 
ですが、

自分を過度に追い詰めるのは違うのです。

 
100点を出し続けないといけないわけではないのですから。

 
 

あなたは60点でもよしとしていますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今日は気晴らしにカレーを作ろうかなあ、と。

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント