==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

8月ももう終わり。

早いですねえ…。

 
 

さて、

プロモーションを行うとき、

通常は何名かでチームを組みます。

 
一人だけではなかなか手が回りませんからね。

 
僕の経験では、

講師(コンテンツホルダー)が最年長であることが多いようです。

 
プロモーションを行うには体力がいるので、

若い方が向いているからだと思います。

 
 
講師が最年長だと、

どうしても講師の意見が通りやすくなります。

 
周りのみんなが年下なこともあり、

遠慮して意見を聞いてくれますからね。

 
それと、

当然ながらメンバーの中では

講師が業界に一番詳しいはずですから、

意見を聞いてもらいやすいのです。

 
 
これはよくある状況なのですが、

実は危険です。

 
講師が自分の意見を通そうとするようになると、

つまり、

他のメンバーの意見を軽視するようになると、

まず売れません。

 
よくあるのが、

「これをやりたい」

「それはイヤだ」

「それじゃ売れないよ」

「もう止めたい」

という駄々っ子のような自己中心的な講師の主張です。

 
これではメンバーも冷めてしまいます。

 
「さっさと終わらないかなあ」

と思ってしまうでしょう。

 
 
売上を上げてプロモーションを成功させたいのなら、

プロモーションの方針に乗っかるのがよいです。

 
たとえば、

講師は「起業して5年以上経った人」を対象として

塾を開催したいと思ったとしても、

プロモーションチームが

「これから起業したい人や起業して1〜2年の人」を

対象とした方が得意だし売れそうだということなら、

乗っかってみるのもアリです。

 
自力ではまずアプローチできない層にも

アプローチできるようになるかもしれません。

 
今後のビジネスの展開が面白くなりそうです。

 
 
講師は自分の業界では専門家ですが、

プロモーションを行うということについては

他のメンバーの方が専門家なはずです。

 
いくら自分が年上だからといって、

専門家の意見を軽視して

安易に自分の意見を通そうとするようでは

プロモーションは成功しません。

 
 
抵抗はあるかもしれませんが、

プロモーションの方針に乗っかるのがオススメです。

 
プロデューサーをはじめ

他のメンバーの意見に耳を傾けるのがよいです。

 
意見をするのはその後でもよいわけですから。

 
 
もちろん、

プロモーションの方針にしたがった結果、

マズいことになりそうなら断りましょう。

 
たとえば、

「自社のブランドイメージが傷ついてしまう」

「自社の方針と大きく違うため、

既存客からの信頼を失いそうである」

「情報弱者を騙すような売り方である」

「反社会的、詐欺まがいである」

です。

 
「売れればいいでしょ」

と思っているプロデューサーがやりがちです。

 
もっとも、そもそも、

このようなプロデューサーと組んではいけません。

 
契約前に断りましょう。

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

急ですが来週沖縄に行くことに…(笑)

台風は大丈夫なのか!?

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント