==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

思いついたときはニヤッとしてしまいました(笑)


「いちど食べたら もうたま卵」
 一気に食べたら もう残っと卵
https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/3144188848968862

 
バズらないかなあ…(笑)

 
 

さて、

色んなプロモーションを見ていると

「それ本当に提供できるの?」

と疑ってしまうことがあります。

 
見逃しがちなポイントですが、

非常に重要なのでぜひ読んでください。

 
・・・・・

 
一人起業家になるのに資格はいりません。

 
誰でもなれます。

 
どんなビジネスをやるのも自由です。

 
ただ、

どんな内容を教えてもよいのかというと、

それはちょっと違うのではないかと思います。

 
 
たとえば、

年収1,000万円を超えていない、

あるいは1回だけ超えた程度なのに、

「年収1,000万円を稼ぐ方法」

を高額で教えるのはちょっと違いますよね。

 
根拠もありませんし、再現性もありません。

 
そのつもりはなかったとしても、

限りなく詐欺に近くなってしまいます。

 
「年収1,000万円を稼ぐ方法」を教えたいのなら、

少なくとも何年かは年収1,000万円以上を継続していないと

話になりません。

 
 
制作サービスや作業代行サービスのように

自分で作業するビジネスよりも、

「年収1,000万円を稼ぐ方法」のような

ノウハウを伝えてお客様に作業してもらう

コンサルティングビジネスの方が人気です。

 
報酬も高いですし、なんとなくかっこよく見えます。

 
少しでも早くコンサルタントになりたいと思う人は多いようです。

 
僕もそう思っていました。

 
 
だからといって、

すぐにコンサルティングを始めようとするのはオススメしません。

 
気持ちは痛いほど分かりますけどね。

 
たいした経験や実績もないのに始めても、

お客様はやってきません。

 
僕も、たいした経験も実績もないのに

コンサルティングを始めてしまって苦労したことがあります。

 
 
コンサルティングを始めたいのなら、

まずは

「その話をするのにふさわしい自分か?」

を考えないといけません。

 
見込み客から

「○○さんならその話をするのにふさわしい」

と思ってもらえるような、

第三者が納得できる経験や実績が必要です。

 
これがないと、薄っぺらくてあやしくなってしまいます。

 
 
自分がお金を出す側になったらよく分かりますよね。

 
「本当にこの人から教わって大丈夫なの?」

という疑いがあったら、

まず買わないでしょう。

 
 
コンサルタントを名乗るだけなら、

今日からすぐに名乗れますよ。

 
でも、

名乗ったからといって

売上が上がるわけではありません。

 
お客様は、

「コンサルタントだから依頼する」わけではないのです。

 
 
「あなたなら、

なりたい自分に近づくための何かを提供してくれそう」

だと信頼するから依頼します。

 
 
やはり、

経験や実績があると信頼してもらいやすいです。

 
まずは経験や実績を積むことに集中するのがオススメです。

 
周りから

「○○について教えて欲しい」

とお願いされるくらいになるまで

続けるとよいのではないかと思います。

 
その後でコンサルティングを始める方が

コンサルタントとして長いあいだ活躍できます。

 
 

あなたはその話をするのにふさわしい人ですか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

これ、ウチで3つ使っております…(汗)

皆さんもチェックしてくださいね。


ダイソーの電源タップに発火・発煙の恐れ 自主回収を開始
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/28/news115.html

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント