==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

「たまごまんじゅう」を買いました!

なんと煮たまごが丸々1個入っています(笑)


https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/3121715467882867

 
 

さて、

売上が上がっていないときは、

お客様に対して安易にサービスしてしまうものです。

 
喉から手が出るほど売上が欲しいですからね。

 
ですが、これはキッパリ止めてください。

 
確かに目先の売上は上がるかもしれませんが、

ずっと続くわけではありません。

 
長い目で見れば、自分の首を絞めるだけです。

 
 
安易なサービスをすると、こんなことになります。

 
==================
1)
「今はお金がないのでこれしか払えなくて」

「売上が上がったらちゃんと払うから」と、

言い方は弱者のようだけれど、

暗に値引きを強要されて、

ついしたがってしまう。

 
そして、

結局は売上も上がらないし、

値上げもできない。

 
2)
通常は初期費用を前払いでもらうはずなのに、

「時間がないので最後にまとめて払ってもいいですか?」

と要求されて、

ついしたがってしまう。

 
そして、

「思っていたのと違うので…」

と言われて支払いをしぶられてしまう。

 
結局、初期費用も商品・サービスの代金ももらえない。

 
3)
「自分はシロウトでよく分からないので、

書類(例:提案書、計画書)にまとめてもらえます?」

「個別に時間を取って教えてもらえます?」と、

本来の業務外のことを要求されて、ついしたがってしまう。

 
そして、サービスでやってあげたのに、

あれこれ言われたり、

さらに他の作業も気軽に依頼されてしまう。
==================

 
 
これらは僕の実体験です。

 
売上が上がらず生活の不安があるときには、

「そんなムチャな」

と思いつつもついしたがってしまうものです。

 
「お金がもらえるのなら」

「いつか大きな売上につながるかもしれないし」

なんて勝手な期待をしてしまいますからね。

 
 
お客様に喜んで欲しくてサービスするのはいいんですよ。

 
これならお互い気持ちいいですよね。

 
リピート受注や紹介なども生まれるでしょう。

 
逆に、

目先の売上欲しさに

自分を曲げてお客様に合わせてしまうのはダメです。

 
これはサービスではなくて

ただの「一方的な譲歩」です。

 
ただ消耗して終わります。

 
次につながることはありません。

 
 
安易にサービスするのは絶対に止めてくださいね。

 
もし要求されたら、キッパリ断りましょう。

 
要求にしたがったところで、

どうせ次はありませんから、断りましょう。

 
 
断るのが苦手な方は、

断り方をあらかじめ考えておくとよいです。

 
たとえば、

「他のお客様にはこの条件でお願いしていますので」

「別途、制作費やコンサルティング費を頂きますがよろしいですか?」

など。

 
 
それでも、

「このくらいならサービス(譲歩)してもよいのでは」

と思うかもしれません。

 
もちろん、やりたいのなら自由です。

 
ただし、

覚えておいて欲しいのは、

「いったん譲歩すると、次回もその譲歩した条件が基準になる」

ということ。

 
「前回と同じ条件でお願いします」

なんて気軽に言われて消耗しますよ。

 
ね、イヤでしょ?

 
 

あなたは安易にサービスしていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

昨日は雷雨の影響で停電がありました。

 
昨年は停電でエアコンが故障したのですが、

今回は無事に使えております…(ホッ)

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント