==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

Facebook広告アカウントが凍結されていたのですが、

誤りだったとのことで

無事に復活しました(汗)

 
これ何回目だろう…(笑)

 
 

さて、

バックエンド商品を売るときに、

アップセル、クロスセル、ダウンセルの考え方を知っておくと、

さらに売上を伸ばすことができます。

 
 
アップセルとは、

バックエンド商品を買ってくれた方に対して、

より高額な商品・サービスを提案することです。

 
たとえば、

セミナーを申し込んだ後の

「○万円追加すると、最前列で参加できます」

という提案です。

 
 
「どうせお金を払うなら、一番いいのが好き」

という方は一定数いるものです。

 
この方たちのために、

特別感を感じる選択肢を用意しておくとよいです。

 
 
クロスセルは、

別の商品・サービスをあわせて提案することです。

 
たとえば、

書籍を買うときの

「書籍を解説したこちらの教材もご一緒にいかがですか?」

という提案です。

 
マクドナルドの

「ご一緒にポテトもいかがですか?」

なんてのもクロスセルです。

 
 
もちろん、

なんでもセット販売すればよいというものではありません。

 
「これが一緒にあったらいいなあ」

と思ってもらいやすいものを

クロスセルで提案してください。

 
 
ダウンセルは、

より買いやすい商品・サービスを提案することです。

 
基本的には、

バックエンド商品を買わなかった人だけに向けて提案します。

 
たとえば、

起業塾に参加しなかった人に、

起業塾のオンライン教材版を提案することです。

 
 
ダウンセルでは、

何らかの理由で

バックエンド商品を買わなかった人に向けて

提案するわけですから、

より買いやすいかたちで提案したからといって

大量に売れるわけではありません。

 
そもそもバックエンド商品に興味がなかった人は

ダウンセルでも買いません。

 
あくまで、

金額や日時の都合でバックエンド商品を諦めた人に対しての

救済策という位置付けです。

 
 
このように、

アップセル、クロスセル、ダウンセルは

すぐに試すことができます。

 
そして、より売上を伸ばすことができます。

 
ぜひ試してみてくださいね。

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

ついにゴルフクラブが届きました!


https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/3084840341570380

 
ちなみにこちらです。


https://amzn.to/33DlPOu

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント