==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

小説『白い巨塔』を読み終えました。

 
参考:
https://amzn.to/2ZlFrnL

 
ビジネス書ばっかりだとアタマが疲れてしまうので、

たまに全然関係ないものに触れるようにしています。

 
 

さて、

この数週間は作業量が多くて

あまり休憩を取らずに作業を続けていました。

 
これはあんまりよろしくないですね。

すぐにパフォーマンスが落ちます(汗)

 
適度に休憩をはさまないといけません。

 
 
今回は、

作業の進め方についての仕事術をご紹介しますね。

 
小冊子からの抜粋です。

↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/

 
・・・・・

 
今回はちょっとした仕事術をご紹介しますね。

 
なかなか進まなかった作業が

進みやすくなります。

しかもあまり疲れずに。

 
それが「ポモドーロテクニック」という

時間管理術です。

 
==================
■ポモドーロテクニックの手順

・キッチンタイマーで25分を設定する。

・タイマーが鳴るまで作業に集中する。

・5分休憩する。

・上記ステップを繰り返す。

・4回(2時間)繰り返したら、

 15分など少し長めに休む。
==================

 
 
作業単位を25分にするだけの

シンプルな手法です。

 
ポモドーロテクニックの優れているところは、

面倒な作業でも

難易度の高い作業でも、

手を付けやすくなることです。

 
どんな作業でも

「作業単位が25分」という点では

全く平等になるからです。

 
「とりあえず25分だけやってみよう」

と思いやすいのです。

 
 
全体で3時間かかる作業があったとしたら、

「とりあえず25分だけやってみよう」

を6回繰り返せばOKです。

 
3時間の作業を一気にやろうと思うと

気力が必要になりそうですが、

25分ずつなら

気力に頼らなくても大丈夫ですよね。

 
 
また、

「25分」と期限を区切ることによって、

パフォーマンスは明らかに上がります。

 
期限がないとダラダラやってしまいますが、

期限を区切ると

「25分でどこまでできるか?」

「残り○分でどこまでできるか?」

と自然と考えるようになりますからね。

 
 
たとえば、

駅まで歩いているときに

「あと5分で電車が発車する」

と残り時間を意識したら、

「もう少し早く歩こう」

と自然と思うはずです。

 
やる気スイッチなんて入れようとしなくても。

 
期限を区切ることで、

残り時間を意識するようになって、

自らペースを変えます。

 
 
ポモドーロテクニックでうまくいくためには、

頑張らないことが超重要です。

 
25分経ったら休みを取るのがカギです。

 
 
「もっと頑張れるから、休まずにやってしまおう!」

というのは、

ポモドーロテクニックでは

美徳ではありません。

 
ただペースを乱すだけです。

 
2時間も経てば

ペースが落ちてきていることに気づくでしょう。

 
淡々と25分刻みで作業して、

休憩もしっかり取るのがオススメです。

 
 

あなたは、作業時間を区切っていますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

そういえば、こんな本が出ていたので買いました。


『得する株をさがせ! 会社四季報公式ガイドブック』
https://amzn.to/323YIM9

 
四季報はこれまで3冊買っています。

が、どれもちゃんと読んでいない…(汗)

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント