==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

昨日はゴルフの練習へ。

 
また新しいことを学びました。

まだまだ先は長いようで…(汗)

 
 

さて、

昨日のメルマガでは

「良質なリストを作る」

というお話を書きました。

 
参考:
https://achievus.appassionato.co.jp/2020/07/11611.html

 
 
簡単に言うと、

「欲しい人、必要な人にしか売らない」

「ムリして買おうとする人には売らない」

という方針がよいです。

 
逆に、

「誰でもいいからとにかく売れればいい」

「欲しくさせるようにして、とにかく買ってもらおう」

という方針だと

(目先の売上は上がっても)

中長期的には売上は下がります。

 
 
これは比較的分かりやすいですよね。

 
今回はちょっと違った関連話を。

 
 
ついやりがちなのですが、、、

「○○が苦手な方へ」

「○○で困っている方へ」

「○○がうまくいかなかった方へ」

のように

悩みに焦点を当てて

無料登録を促すのは止めた方がよいです。

 
なぜかというと、

「お金を払って解決したい人」ではなくて

「ただ悩んでいるだけ人」の人

が集まってしまうことが多いからです。

 
 
お金を払いたくないという人や

解決する気がないという人や

ただ話を聞いてほしい(共感してほしい)という人

が集まってしまうわけです。

 
 
はっきり言って手がかかります。

 
一人起業家は自分の時間が大切ですよね。

 
自社の商品・サービスを買ってくれそうな人を選別しないと

大変なことになります。

 
 
いくらリストの数が集まっても、

買ってくれないのなら

良質なリストとは言えませんよね。

 
悩みに焦点を当てて書くのは

一見すると正しいように見えるのですが、、、

売上にはつながらないことが多いので

オススメしません。

 
 
ではどうしたらよいのか?

 
 
ベネフィット、つまり、

「得られるもの」

「どう変われるのか?」

を書くのがよいです。

 
「○○が苦手な方へ」なんて書くのと比べると、

だいぶ難しいですよ。

 
ですが、ぜひベネフィットを書いてください。

 
この方が中長期的には

良質なリストが集まりますから。

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

まだ3回しか教わっていないのですが、

来週はコースに出ます…(笑)

 
楽しんでこようっと。

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント