==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

今日20時から「たまごアカデミー」です!

↓ ↓ ↓
月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/

 
オンラインで売上を上げたい方はぜひご参加ください。

 
 

さて、

まだ売上が安定していないのなら、

「売れる商品・サービス」

を売って、

お金を作ることに集中するのがオススメです。

 
「これをやってみたい」

という思いはいったん封印しておきましょう。

 
もう何度も書いていますが。

 
 
なぜって、

「これをやってみたい」

では売れないことが非常に多いからです。

 
ほとんどの場合は

売り手側がやりたいと一方的に思うだけです。

 
買い手側からは

「この商品・サービスにお金を払うのはちょっとなあ…」

と思われて終わりです。

 
 
「売れる商品・サービス」の定番は、

「お客様のお金を増やすお手伝い」です。

 
お金の元を取れるイメージがわきますからね。

 
価格が100万円だと

「高いなあ」と思うかもしれませんが、

200万円のリターンがあるのなら

高いとは思いませんよね。

 
「お客様のお金を増やすお手伝い」なら

単価を上げやすいし

買い手側もお金を出しやすいので

オススメです。

 
 
誰に売るのかも大きな問題です。

 
一人起業家の場合は

同じく一人起業家に売るのがよいかと思います。

 
考え方も近いでしょうし、

「お客様のお金を増やすお手伝い」を

しやすいからです。

 
ビジネスの売上を上げたり、

コストをカットしたり。

 
 
とはいっても、

なかなかアイディアが浮かばないという方もいますよね。

 
 
昨日のメルマガにも書いたのですが、

「売れる○○」

「売れる○○の作り方」

のような商品・サービスを作れないか?

と(必死に)考えてみると

答えが見つかるかもしれません。

 
 
たとえば、

「英語力をアップさせます」だけだと、

競合も多いし

なかなか売るのが難しそうです。

 
ここでもしも、

「売れる○○」

「売れる○○の作り方」

と言うことができたら、

英語力アップに興味がない人でも

振り向くでしょう。

 
つい英語を前面に出そうとしますが、

英語はあくまで手段という位置づけの方が

売りやすいと思います。

 
 
もちろん、

誤解させるような表現はNGです。

 
 
ぜひ、

「売れる○○」

「売れる○○の作り方」

のような商品・サービスを作れないか?

と(必死に)考えてみてください。

 
きっと売りやすい商品・サービスを作ることができます。

 
「これをやってみたい」はいったん封印して、

お金を作ることに集中してみてくださいね。

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

最近たまごアカデミーに入会された方に

聞いてみたのですが、

「オンラインで集客する必要性を感じたから」

とのことでした。

 
ですよね… ^^;

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント