==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

昨日はゴルフのレッスンへ!


https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/2914332421954507

 
よく言われますが、、、

やっぱり教わった方が早いですね。

 
なんとなくコツをつかんだ気がします。

 
 

さて、

ビジネスモデルを分析・構築するのに役立つ

「ABCモデル」

をご紹介します。

 
 
ABCモデルは、

株式会社キャリッジウェイ・コンサルティング代表の

今井孝さんが考案されました。

 
ABCモデルは次のように

単語の頭文字を取ったものです。

 
■ABCモデル
Attraction 集客
Benefit 価値、便益
Charge 課金

 
 
ビジネスはこの3つの要素から成り立っています。

シンプルですよね。

 
僕もそうでしたが、

起業初心者はこの3つを一緒くたにして考えてしまいます。

 
だからアタマが混乱します。

 
ABCモデルなら、

起業初心者にも分かりやすいですよね。

 
 
では、実際にABCモデルを使って分析してみましょう。

 
 
僕のメインビジネスである広告運用の場合は、

ざっくり言うとこんな感じです。

 
A:プロデューサーが集まる勉強会、クチコミ
B:効率的にリストを獲得できる
C:広告費の20%(作業報酬)
※広告費はお客様が支払う

 
 
自身や友人のビジネスでも分析してみてください。

思わぬものがAやBになっていることに気付くと思います。

 
はじめはなかなか慣れないかもしれませんが、

いくつも分析していると、

マーケティング脳が育っていきますよ。

 
 
ところで、

「ABCモデルって、ただ分析して終わりなの?」

と思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。

 
実は新しい商品・サービスを生み出すのに

非常に役立つのです。

 
 
例えば、先程の広告運用の場合は、

AとBはそのままで

Cだけ変えると全く新しいサービスになります。

 
A:プロデューサーが集まる勉強会、クチコミ
B:効率的にリストを獲得できる
C:1リスト1,800円(成果報酬)

 
 
この場合、

広告費の支払いは売り手側になります。

お客様としては、

成果が上がった分だけ報酬を支払えばよいわけです。

 
成果が上がらないのに報酬を払うのがイヤだ

という方には喜ばれます。

 
利益は、

実際に使った広告費と報酬の差額です。

 
1リスト1,000円以下で獲得できたら

かなりの利益を上げられますね。

 
 
このように、同じことをやっていても、

Cを変えるだけで

全く新しい商品・サービスを生み出すことができます。

 
 
多くの人はAやBを変えようとするのですが、

結構大変なんですよ。

 
Cは実はすぐに変えやすいので、

ぜひお試しください。

 
Cを変えようとする人はあまりいないので、目立ちますよ。

 
 
注意点は、

Cを自分の都合だけで決めないということです。

 
お客様と自分の両方にとってメリットがあるように

決めてみてくださいね。

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

しかしまあ、、、

60代らしき男性が僕よりも

気持ちよくかっ飛ばすわけですよ。

 
腕力ではないんだなあ、、、

と思わされました。

 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント