==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

ウチのマンション(築40年近い)の他の部屋が

リノベーションされて売りに出されていました。

 
すんごいキレイでした…。

いいなあ。

こんなに変わるのかあ。

 
写真を見ているだけで

感動します。

 
 

さて、

一人起業家のほとんどは、

稼げるかどうか全く分からないのに

「コーチをやりたい」

「カウンセラーをやりたい」

とビジネスを先に決めてしまいます。

 
まだ何の経験もないのに、

「経営者向けのエグゼクティブコーチングをやりたい」

なんて言う人もいます。

 
やりたいことがあるのは素晴らしいと思いますが、

お客様が来なかったら意味がありません。

 
始める前からビジネスを限定するのはオススメしません。

 
 
まずは「稼げるビジネスをやる」のがよいです。

 
どんなビジネスでもかまいません。

 
自分が稼げる、

つまり適性があるビジネスをやることを

強くオススメします。

 
 
もっとも、

稼げるビジネスが最初から分かっていることは

まずありません。

 
ですので、色々とやってみて、

「これは稼げそうだ」

と思うビジネスに集中するのがよいです。

 
重要なのは、

「稼げるビジネスか?」という基準で判断することです。

 
 
「稼げるけど、もうやりたくない」

と思うビジネスに出会うこともあるでしょう。

 
こんな場合でも、

すぐに違うビジネスに鞍替えするのではなくて、

「どこまでならやってもいいと思えるか?」

と同じビジネスの中で範囲をズラしてみるのがよいです。

 
せっかく稼げているのに安易に止めてしまうと、

後で大後悔しますよ。

 
 
自分のやりたいビジネスは、

稼げるビジネスの中で探すのがよいです。

 
先にやりたいビジネスを決めてしまうから、

稼げないのに頑張ってヘトヘトに疲れてしまうわけです。

 
 
「お金だけが全てじゃない」

という反論がありそうですね。

 
一見するともっともらしいのですが、

このセリフは稼いでいない人がよく使う言い訳です。

 
実際に稼いでいる人はそんなことは言いません。

 
当たり前すぎるからです。

 
「だから何?」と言われるのがオチです。

 
 
稼いでいる人が当たり前だと思っていることが

他にもあります。

 
それは、

「お金を稼ぐのは最低条件」

だということです。

 
ビジネスである以上、

収支がプラスになっていないのならダメだということです。

 
もちろん、

意図があってマイナスにしている

(なっている、のではなく)のならアリですが。

 
 
「お金を稼ぐのは最低条件」

だと言われると、

何だか窮屈な感じがするかもしれませんが、

収支がマイナスになるのはイヤですよね。

 
収支がプラスな方が好きなはずです。

 
もうね、

稼ぐ方向にエネルギーを集中しましょう。

 
 
それでも、

「稼ぐことばかり考えていたら楽しくなさそう」

と思うかもしれませんが、

売上が安定してくると楽しくなるものです。

 
「次はこれをやってみたら面白そう!」

などと自分なりに楽しさを見付けるからです。

 
 
まずは、

「稼げるビジネスか?」

という基準で判断してみてください。

 
 

あなたは、稼げるビジネスを選んでいますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

古い家を買って

リノベーションして売るのも

楽しそうです。

 
妄想だけにしておきますが(笑)

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント