==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

100円ショップの老眼鏡で視力が回復する!?

という情報を得ました。

 
参考:
https://mobareco.jp/a57686/

 
おもしろいなあ…。

 
 

さて、

Facebook広告でリストを集めようとする場合、

「何それ?」

「どんなメリットがあるの?」

と言われてしまうような、

分かりにくくて説明が必要な商品・サービスのLPを

広告に出すのはあまり効果的ではありません。

 
 
分かりやすい無料オファーを入り口として

リストを集めておき、

じっくり教育・説明しておくのがオススメです。

 
そして、

なぜその商品・サービスが必要なのかが納得できたら、

売れ始めます。

 
 
説明が必要だな商品・サービスを紹介しても、

すぐには売れません。

 
登録数も増えません。

広告費がかさむばかりです。

 
CPAは3,000円を超えてしまうことも多いです。

これはツラいですよね。

 
 
説明が必要な商品・サービスは、

広告から来た人に対していきなり紹介するのではなく、

よく分かってくださったいる方たちに対して、

つまりハウスリストに紹介するのがよいかと思います。

 
 
具体的には次のような商品・サービスです。

 
・名前だけでは、どんなメリットがあるのか分からない

・今は困っていない悩みを解決する

・いつ使うのか分からない

・名前からイメージできない、聞き慣れない名前

・名前から他のものをイメージしてしまう

・玄人向け

 
 
一人起業家の世界にいるとマヒしてしまいますが、

「起業」という言葉も

一般的には聞き慣れなくてよく分からないと

感じる方が多いようです。

 
 
たとえば、

サラリーマンなどで趣味として

カメラを愛好している人たち向けに紹介する場合、

「カメラマン起業塾」

「カメラマンとして起業する方法」

よりは、

「好きなカメラを仕事にする9つのステップ」

の方が分かりやすいようです。

 
 
こちらを入り口としてリストを集めておき、

メルマガなどで教育・説明をしておいて、

その後で説明会を紹介します。

 
 
いきなり説明会を紹介して申し込むのは、

他の塾に参加したことがある人くらいでしょう。

 
この人たちは母数も少ないし、

(メールも動画も見ずに)

とりあえず説明会に参加して

話を聞いてみてから考えようと思っている方も多いですからね。

 
申し込むかどうか、

最終確認のために参加しているわけではないのです。

 
仮に説明会の席が埋まったとしても

気が抜けません(笑)

 
 
説明会に来て欲しい人が

本当に来ているのかどうか、

忘れないでくださいね。

 
表面だけ見ていると失敗します。

 
 
もちろん、

何でもかんでもやさしい表現に変えればよい

というわけではありませんよ。

 
今すぐ必要性を感じている玄人だけでいい、

ということなら変えなくてもよいですしね。

 
 
どんな人に来て欲しいのかで決めてみてください。

 
 
ただし、

自分たちのアタマの中にある言葉を使うのではなく、

来て欲しい人たちのアタマの中にある言葉を

使ってみてくださいね。

 
 
ここさえ外さなければ、

来て欲しい人たちがやって来るはずです。

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

ダイソーで老眼鏡を買ってきましたよ(笑)

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント