==================
ただいま無料配布中!
電子書籍
『一人起業家が売上を上げる50のヒント』
↓ ↓ ↓
https://academy.tamago.love/lp/50hints/
==================

 
 
こんにちは!

倉林です。

 
 

会社・個人の書類を

バインダーに収納・整理してみました。

 
どこに何があるのか

一瞬で分かるのは気持ちいいですね!

 
 

さて、

僕があやしいビジネスに手を出して

借金を数百万円抱えた経験から言うのですが、

たとえすぐに返済できなかったとしても

「返済する意志はある」

ことは示しておいた方がよいです。

 
これさえ守っていれば、

そんなにヒドいことにはならないでしょう。

 
 
僕も、

今すぐには借金を返せないけれど返す意志はある、

と示しておくべきでした。

 
実際には真逆のことをやっていました。

 
「何度も督促状は来るし、

電話も来るけれど、

どうせ返せって言われて怒られるだけだろうし、

あやしいビジネスにだまされた被害者だなんて言えないし、

返すアテなんてないし…」

と思って、

督促状も電話も一切無視していました。

 
 
後で知ったのですが、

一切無視しているのが一番マズいんですよね。

 
相手には、

「この人は返すつもりが全くない」

としか伝わらないからです。

 
つまり、

「我々を騙して逃げようとしている詐欺師だ」

と思われてしまうわけです。

 
こちらの気持ちや状態なんて分かりませんからね。

 
とりあえず電話に出て

実情と返す意志があることを

伝えればよかったなあと思います。

 
 
一切無視して数ヶ月経ったときに、

弁護士事務所からハガキが届きました。

 
担当部署も債権回収だとか

何だか怖そうな名称に変わっていました。

 
「特殊詐欺の偽ハガキだったらいいなあ」

なんて妙な期待をしたものですが、

残念ながら本物でした(笑)

 
もうここまで来ると、

完全にこちらの立場は弱いです。

 
なぜって、

詐欺師だと思われていますからね。

 
「少しずつ、返せるときに返します」

なんて言える時期はもうとっくに過ぎ去っています。

 
相手が納得する返済計画を経てさせられて、

1回でも遅れたら

残りを全額一気に返済することになります。

 
僕はなんとか遅れずに返せたのですが、

1年くらいヒヤヒヤでした。

 
 
余談ですが、

このときの経験がきっかけで、

「儲かりそうな情報に飛びつくのは止めて、

地に足のついたビジネスに集中しよう」

と決めました。

 
皆さんも、

簡単に儲かりそうな情報に踊らされないでくださいね。

 
どうせ儲かりませんから。

 
 
かつての僕のように、

今すぐには借金を返せない状態だったとしても、

「返済する意志はある」

ことは示しておきましょう。

 
なるべく早い方がよいです。

 
話し合いの場を持てるだけの余裕がお互いにあるうちに。

 
 
「借金なんてしてないよ」

と思う方もいるでしょうが、

意外と当てはまる方は多いと思いますよ。

 
たとえば、

業務委託費、セミナーや塾の受講費の支払いが

ズルズルと遅れてしまうとか。

 
問題の根っこは同じです。

 
約束した納期がズルズルと遅れてしまうのも

意味合いは同じです。

 
ギクッとした方は多いのではないかと。

 
 
あ、意志だけ示してずっと引っ張るのはダメですよ(笑)

 
 

あなたは、行動できなくても意志を示していますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

書類を整理した、と書きましたが、

借金に関する書類は

完済したときに

キレイサッパリ処分済みです(笑)

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント