倉林です。

 
 

「税務調査どうでしたか?」

と聞かれますが、

あんまり身構えることもないかと思いました。

 
売上や経費の処理の仕方が誤っていたら

正してもらえますからね。

 
スッキリしますよ。

 
 

さて、

もしも返すアテのない借金があるとか、

売上が少なくて生活がカツカツだとか、

売上が多いのになぜかお金が残らないということでしたら、

お金を稼ぐのと同時に

「支出管理」をしてみてください。

 
出血を止めるということです。

 
これだけでお金が残るようになります。

本当です。

 
 
支出管理とは、

何にお金を使っているのかを書き出すということです。

 
稼いだお金はよく覚えている方が多いのですが、

使ったお金についてはよく覚えていない方が多いです。

 
これでは何をどうしたらよいのか分かりませんよね。

 
いくら稼いだって、

それ以上に使ってしまっている可能性があります。

 
 
かつての僕もそうでしたが、

売上に関わらず

いつもお金に困っている方は

支出管理をやっていません。

 
お金を稼ぐことばかりにフォーカスして、

自分が何にいくら使っているのか、

全体でどのくらい使っているのか、

全く把握していません。

 
 
「支出管理をやっただけで、お金が残るの?」

と思うかもしれませんが、残ります。

 
どうしてかというと、

支出の数字を見ていたら、

自然に改善したくなるからです。

 
「ムダなものを買ってしまった」と思ったのに、

「そのままでいいや」とはなかなか思えませんよね。

 
自然と改善したくなります。

 
そして、いつの間にかお金が残るようになります。

 
 
騙されたと思って、ぜひ支出管理をしてみてください。

 
 
「経済的な自由を手に入れたい」と思って

起業した方は多いのですが、

経済的な自由を手にするのが目的であって、

お金を稼ぐのが目的ではありませんよね。

 
お金を稼ぐのは手段の一つです。

 
たとえば、

住む場所を変えて生活費が劇的に下がったら、

稼ぐ金額は同じでも経済的に余裕が生まれます。

 
「稼ぐのが正しい」と思うかもしれませんが、

稼ぐだけが唯一の答えではありません。

 
もちろん、稼げるのなら稼いでくださいね。

 
稼ぐことを否定しているわけではありません。

 
 
支出管理のポイントは、続けることです。

 
 
支出管理はちょっと面倒くさいですし、

すぐにお金が残るようになるわけではないので、

数ヶ月で止めてしまいがちです。

 
これでは何も変わりません。

 
僕は「3年は続けるように」と教わりました。

 
ぜひ3年は続けてみるつもりでやってみてください。

 
気づいたら毎月お金が残るようになっていますから。

 
 
続けるためには、

ルールをゆるくするのがオススメです。

 
正確にやろうとして1円単位で書く人がいますが、

すぐに誤差が生まれてしまってそこで挫折します。

 
現金の場合は、

1,000円単位でカウントするとか、

ルールをゆるくするのが続けるコツです。

 
会社の決算ではないので1円単位まではいりません。

 
 
くれぐれも、

「稼ぐのと同時に」支出管理をして

出血を止めてくださいね。

 
稼ぐのを止めてはいけません(笑)

 
 

あなたは、支出管理をしていますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

税務調査を恐れる必要はないと思いますが、

軽視していいわけではありません。

 
普段から詳しい人に聞いておくとか、

普段から証拠となる書類を整理しておくとか、

それなりに丁寧にやらないといけません ^-^

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント