倉林です。

 
 

iPhone 11 のイエローに機種変しました!

 
参考:
https://www.apple.com/jp/iphone-11/

 
これまでのは4年くらい使っておりました(笑)

これで色々と快適に…!

 
 

さて、

リスト取り用のLPを広告に出す場合、

無料動画講座LPよりは

電子書籍プレゼントLPの方が

広告審査に通りやすくて獲得単価も安くなることが多いです。

 
ただ、これを表面的に解釈すると大失敗します。

 
電子書籍プレゼントLPにすれば

全てがうまくいって売上が上がるわけではありません。

 
 
「電子書籍プレゼントLPを作ればいいんだ♪」

と思ってしまった人は、

ご注意くださいね。

 
電子書籍プレゼントLPにすれば

獲得単価は安くなるでしょう。

 
でも、これはあくまでスタート地点ですよね。

 
最終的にバックエンド商品(本命商品)が売れるまでは

気を抜けません。

 
いくら登録者数が増えたって、

売上につながらなかったら意味がありません。

 
 
「電子書籍プレゼントLPを作ればいいんだ♪」

と表面的にとらえてしまった人がやりがちなのが、

バックエンド商品と関係のない、

単に目を引くための電子書籍を作ってしまうということです。

 
これではバックエンド商品は売れません。

 
 
関係ないだけならまだしも、

強いコピーで盛って、

インパクトのある派手なデザインでさらに盛って、

とにかくダウンロードしてもらおうとします。

 
「世界一やさしい」

「○○が苦手でも大丈夫」

「何のとりえもなかった落ちこぼれでもできた」

なんて安易に書いてはダメですよ。

 
根拠があればいいですが。

 
 
関係ないテーマで集めたユーザは、

「電子書籍のテーマには興味があるけれど

バックエンド商品に興味があるわけではない」人ばかりです。

 
苦労して集めても見込みは薄いです。

 
 
ですので、

電子書籍とバックエンド商品のコンセプトは必ず合わせてくださいね。

 
もちろん、盛りもせず、煽りもせずに。

 
同じキーワードを使うと簡単です。

 
たとえば、

「SNS集客」がテーマなら、

「SNS集客」というキーワードを

電子書籍にもバックエンド商品にも使うとか。

 
これならバックエンド商品を紹介されても

すんなりと受け入れられやすいです。

 
 
また、

電子書籍はバックエンド商品ごとに変えるのが理想です。

 
いくらリストが取れるからといって、

1種類の電子書籍を使い回すのはできれば止めましょう。

 
あまりにバックエンド商品とギャップがあると

買ってもらえませんからね。

 
 
どうしても1種類だけ作るなら、

なるべく広い汎用的なテーマがよいです。

 
Facebook集客ではなく、

より広げてSNS集客にするとか。

 
僕の電子書籍『売上を上げる50のヒント』も

テーマは広めに設定しました。

 
 
電子書籍(や他の特典)を作るとき、

つい全体を見るのを忘れがちになります。

 
ぜひ、バックエンド商品のテーマをもとに

決めてください。

 
こうすれば大きく外すことはなくなります。

 
 

あなたが売りたいバックエンド商品のテーマは何ですか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

新しいiPhoneは防水仕様になったのはいいのですが、

イヤフォンジャックがなくなっています(汗)

 
変換ケーブルは1,000円くらいで買えます。

 
また、ケースに入れずに持ち歩きたいので、

本体を保護するために

こんなガラス強化剤を買いました。


https://amzn.to/36cZDbr

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント