倉林です。

 
 

こちらの本を読んだのですが、


『漫画 バビロン大富豪の教え
「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則』
https://amzn.to/2RB6hTx

 
マンガって素晴らしいなあと思います。

難解な本もすんなりと読めますからね。

 
 
マンガじゃない方の『バビロン大富豪の教え』は

買ったのですが読んでおりません…(汗)

 
 

さて、

カタチのないものを売るときに、

ファンタジー(幻想)で売るのは

止めた方がよいです。

 
全くほめられた手法ではありませんし、

長い目で見たらうまくいきませんから。

 
 
ファンタジーで売るとは、

「海外旅行しながら仕事できますよ!」

「1日10分、スマホがあれば誰でも稼げますよ!」

と中身を言わずに

イメージばかりを強調して売ることです。

 
一体何をやるのか、

さっぱり分かりませんよね(笑)

 
ファンタジーで売る場合、

夢のようなイメージばかりを伝えて、

実際の中身やリスクや大変さをほとんど言いません。

 
売り逃げしたい人たちが確信的に使う手法です。

 
 
ファンタジーに乗せられて買うのもダメですよ。

 
買ってしまったら大変です。

 
中身がないことに気づいても、

色んな理由を並べて返金してもらえません。

 
最近は、買い手も学習しているので、

ファンタジーで売る人は減ってきています。

 
でも、しぶとく生き残っていますので、

ご注意ください。

 
ファンタジーで売られるのは

基本的には中身の薄い商品・サービスです。

 
まともな商品だったら中身を説明して売ります。

 
 
まあ、

ファンタジーに引っかかる人にも

大いに問題がありますけどね。

 
「ラクをして稼ぎたい」

「今の状況から抜け出させて欲しい」

という依存的な思いが強すぎるとすぐに引っかかります。

 
僕も引っかかったことがあります(笑)

 
ここでは詳しく書きませんが…。

 
 
やっぱりね、現実から目を背けることなく、

現実を直視して判断しないとダメです。

 
「そんなオイシイ話、あるわけないじゃん!

でも、もしかしたら今回は…」

なんて思うと

もう引っかかります(笑)

 
「そんなオイシイ話、あるわけないじゃん!」

で踏みとどまらないと。

 
実際ありませんし。

 
 
売り手の場合も同様です。

 
現実から目を背けさせるような売り方はダメです。

 
本だったら目次は無料公開しますよね。

そうでないと判断できませんから。

 
カタチのない商品・サービスは

ただでさえあやしく見られがちなので、

より丁寧に中身を公開する必要があります。

 
コンテンツをまるごと公開しろ、

って意味ではありませんよ。

 
中身を判断できるくらいの十分な情報を公開する、

というお話です。

 
 
「そんなことしたら売上が下がる!」

と思う気持ちも分かります。

 
僕もそう思っていた時期があります。

 
でもそれは言い換えれば、

ファンタジーで売らないと売れない、

表面だけ立派で中身がスカスカだから普通に売っても売れない、

その程度の品質だということです。

 
根本から徹底的に見直す必要があります。

 
 
ファンタジーで売ろうとせずに、

ファンタジーで買おうとせずに、

現実を直視してビジネスをするのがオススメです。

 
長い目で見たら、この方が売上が安定します。

 
 

あなたは、ファンタジーにハマっていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

想像通り、キケンなやつでした…(汗)

引きこもりになりますよ(笑)


「Fire TV Stick」
https://amzn.to/30ejntP

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント