倉林です。

 
 

伊勢から東京に帰ってきました!

 
新幹線での移動は心地いいなあ ^-^

伊勢では歩きまくっていたもので(笑)

 
 

さて、

たまに、

ホームページ制作サービスやSEOサービスの契約で

だまされたことがあるという方に出会います。

 
 
この方たちには共通点がありまして、

「いい話だと思った」

と口をそろえて言うのです。

 
 
たとえば、ホームページ制作サービスの場合。

 
「デザイナーにホームページを発注しても

集客できないのは当然です。

マーケティングのことを知りませんから。

当社はマーケティングに強いホームページ制作会社ですので、

集客できるホームページを作ることができます。

今回お申し込みいただければ、

特別に業界最安値の毎月たった○○○円でご契約いただけます。

通常はお客様自身にお願いしている面倒な作業も、

こちらで全て対応させていただきます。

ITが苦手でな方でもご安心ください」

 
なんて口説き文句に

コロっと落ちてしまうわけです。

 
 
そりゃあ、

磨かれた営業トークですから、

細かいところは分からなくても

なんとなくよさそうに聞こえますよね。

 
自分で他の会社を探しても失敗するかもしれませんし、

面倒です。

 
「いい話だと思った」

と言うのもうなずけます。

 
 
ですが、

実際には

「毎月の支払い金額は安いけど、

2年間は止められないリース契約だった」

「思っていたのと違った」

「納得のいかない品質だった」

「全く効果が出なかった」

とグチをこぼすわけです。

 
そして、「だまされた!」と。

 
 
悪徳業者がなくなったら問題が解決しそうですが、

残念ながらなくならないでしょうし、

仮になくなっても解決しません。

 
悪徳業者が問題の原因ではないからです。

 
 
「いい話だと思った」くらいの理由で

買ってしまうのが原因です。

 
たとえ契約自体はまっとうだったとしても、

商品をよく理解していなかったら

「話と違う!」

「だまされた!」

と勝手に思い込んでしまいやすいのです。

 
実は被害者ではなかったのかもしれませんね。

 
商品をよく理解しようとせずに買ってしまう限り、

問題はなくなりません。

 
 
買った後では遅いので、

買う前に対処するのがオススメです。

 
たとえば、こんなルールを決めておくとか。

 
・商品や契約の内容を理解できないなら買わない

・買う理由を説明できないなら買わない

・いま必要性がないなら買わない

 
 
「いい話だと思った」では

決して買わないでくださいね。

 
 
それと、

「せっかく遠くまで来てくれた営業の方に悪いから」

「商品の内容を理解できていないとは

恥ずかしくて言えないから」

「いつか使うから」

なんて理由で買うのもダメですよ。

 
堂々と断ってください。

 
 

あなたは、「いい話だと思った」で買っていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

伊勢にまた行きたい…(笑)

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント