倉林です。

 
 

今日は近所の「ホシカワカフェ」へ。

たまには環境を変えるのもいいなあ ^-^


https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/2577579072296512

 
 

さて、

あるテレビ番組で、

海老名サービスエリアのメロンパンの事例が紹介されていました。

 
ライバル店の出店の影響などで

売上が落ちてしまった時期があったのですが、

あることをやって

見事V字回復したということでした。

 
 
何をやったのかというと、

メロンパンをバスガイドさんたちに無料で配ったのです。

 
こうすることで、

メロンパンをバスガイドさんたちに知ってもらい、

さらにはバスの乗客たちへのクチコミも起こしたわけです。

 
乗客としては、

バスガイドさんがすすめるなら

「そりゃあさぞかし美味しいんだろう」

と期待して買いますよね。

 
見事な戦略です。

 
 
バスガイドさんたちのように、

影響力を持った人のことをインフルエンサーといいます。

 
影響力があるわけですから、

インフルエンサーを巻き込むことができれば

一気に商品やサービスを広げることができます。

 
僕たちも、

インフルエンサーを巻き込むことができないか

考えてみるとよいです。

 
 
ちなみに、

僕も紙の本をインフルエンサーに無料でプレゼントしていました。

 
直接会ったときにプレゼントしたり、

郵送で送ったり。

 
この方たちがSNSで写真付きでシェアしてくださったので、

僕が直接つながっていない方にも買ってもらえました。

 
元も取れていますよ。

 
ぜひ試してみてくださいね。

 
 
インフルエンサーは、

有名人ならいいというわけではありません。

 
バスの乗客にとってのバスガイドさんのように、

見込み客にとって影響力が必要です。

 
 
インフルエンサーを巻き込む場合、

カタチのあるものをプレゼントするのが

わかりやすくてよいと思います。

 
カタチがないと、

シロウトにはどうしてもあやしく見えてしまいます。

 
もしもない場合は、

カタチのあるものを作るのがオススメです。

 
カタチがあれば、

SNSで写真付きで拡散してもらいやすいですしね。

 
コンサルタントや士業だったら、

書籍や小冊子がわかりやすいです。

 
どうしてもカタチにしにくいのなら、

招待券や割引券など

紙のチケットを作るのもアリです。

 
 
それと、プレゼントなのですから、

「もらって嬉しいもの」

を贈ることを忘れてはいけません。

 
もちろん好き嫌いがあるので

全ての人に喜んでもらうのは難しいのですが、

美味しいとかキレイとか手がかかっているとか手に入りにくいとか、

もらって嬉しい要素が必要です。

 
 
念のため書いておきますが、

プレゼントしたからすぐに広まるわけではありませんし、

気に入ってもらえるかどうかもわかりません。

 
いつか実ることを期待して、

気長に配り続けましょう。

 
 

あなたは、インフルエンサーを巻き込んでいますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

年賀状ってやっぱりいいなあ。

もらうと嬉しいです ^-^

 
 
====================
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント