倉林です。

 
 

今日は田端駅から西日暮里駅あたりの

上田端八幡神社、田端八幡神社、諏方神社を

参拝しました!

 
どこも素晴らしい神社でした ^-^

 
 

さて、

「Dropbox」(ドロップボックス)を

ご存知ですか?

 
複数のPCやスマホの間で、

ファイルの同期・共有を行えるサービスです。

 
ファイルを保存するたびに

すぐに同期が行われて、

常に最新版が共有されるのと、

過去のバージョンにすぐ戻せるのがスゴすぎます。

 
ファイルを誤って上書き・削除しちゃっても

大丈夫です。

 
無料でも使えるので、

ぜひ試してみてください。

 
むちゃくちゃ便利ですよ。

 
ちなみに、

2018年時点で

5億人のユーザに使われている人気のサービスです。

 
 
念のため書いておきますが、

動画などの大きなファイルや、

機密情報の載っているパスワード付きでないファイルは

同期しない方がよいかと思います。

 
 
今回はDropboxそのものについてではなく、

Dropboxが行った

「サービスの育て方」についてです。

 
Dropboxのような世界的に使われているサービスは、

テストせずに公開するなんてことはありえません。

 
あまり表には出ませんが、テストを行っています。

 
とびきり優秀なエンジニアたちでさえ、

テストをしているわけですから、

僕たちも見習ってテストしましょう。

 
参考:
2年でゼロから200万ユーザー、
Dropbox創業者のスタートアップ成功術
http://news.mynavi.jp/articles/2010/05/13/web2expo_03/

 
 
僕たちの場合なら、

まずはWeb広告でユーザの反応を見ます。

 
この時点であまりに反応が小さいならダメです。

 
次の段階では、

簡易的なLPで先行申し込みを受け付けて、

少数の方に実際に販売してフィードバックをもらいます。

 
そうして、サービスを徐々に作り込んでいきます。

 
満足行く品質になったら、

広告費を増額して本格的に集客・販売していきます。

 
 
同時に、

コアなファンも育てていきます。

 
簡易的なLPでも登録してくれるような方は

コアなファンになりやすいです。

ぜひ巻き込んでいったらよいでしょう。

 
 
ちなみに、

思ったような反応や売上が得られないときは

サービスのコンセプトを変えます。

撤退もアリです。

 
 
このように進めると、

しなくてもいい失敗は避けられます。

 
着実に「売れる商品・サービス」へと

育てていくことができます。

 
天才的なマーケッターではなくても、

売れる商品・サービスを作れるわけです。

 
仮にうまくいかなかったとしても、

損失は小さくて済みます。

 
 
一見遠回りなようですが、

商品・サービスはいきなり一般公開するのではなく、

小さく始めて少しずつ育てていきましょう。

 
 

あなたは、どうやって商品・サービスを育てていきますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

御徒町駅そばにある

「egg baby cafe(エッグ ベイビーカフェ)」

にやっと行けました!


https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/2498601030194317

 
 
====================
<PR>
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント