倉林です。

 
 

今日はユニクロに行ってみたのですが

誕生感謝祭だったようで。

むちゃくちゃ混んでいたので(汗)

すぐに撤収(笑)

 
25日(月)までセール中なので

再訪しようかと思います。

 
 

さて、

先日、無印良品で、

初めての人向けの

ハンドドリップコーヒー体験ワークショップを

開催しているのを見つけました。

 
1人の店員さんがハンドドリップのやり方をレクチャーして、

参加者数名も実際にハンドドリップで淹れていました。

 
なんだか楽しそうでしたよ。

僕も参加したかった。

 
 
僕もハンドドリップに興味はあるのですが、

なんだか敷居が高そうですし、

今やインスタントコーヒーでも安くて手軽でおいしいので、

なかなかハンドドリップを始めてみようとは

思いにくいのです。

 
結局、いつもインスタントコーヒーです。

 
このような人は多いのではないでしょうか。

 
 
もしも僕がワークショップに参加していたら、

「自宅でやってみたい!」

と思ってハンドドリップを始めていたかもしれませんね(笑)

 
やり方は教えてもらっているし、

必要な材料や機材は店舗ですぐ買えますしね。

 
 
このように、

興味があるけれど購入に至っていない人には、

実際に見込み客に商品やサービスを

体験してもらうのが非常に効果的です。

 
欲しいと思ったら自分で買っていきます。

 
売り手がくどくど説明する必要はありません。

 
時間のムダもなくなりますし、

「売り込まれた!」なんて

思われてしまう恐れもなくなります。

 
ぜひ、ご自身のビジネスでも、

見込み客に体験してもらう場を作ってみるとよいです。

 
 
ハンドドリップコーヒーのように、

実際に体験してもらえるのならそれが一番効果的です。

 
コンサルティングのように、

実際に体験してもらうのが難しいなら、

15分でもいいので簡単なテーマで

コンサルティングのプロセスを

模擬体験してもらうのが効果的です。

 
 
なんでもかんでも体験してもらって、

利用シーンをイメージしてもらおうとしなくてもOKですよ。

 
見込み客が容易にイメージできる商品・サービスなら

不要です。

 
そうではなくて、

見込み客が

「なんとなくよさそうだけど、

自分に当てはまるのかわからない」

と思っているのなら、

利用シーンをイメージしてもらう工夫をするのが

オススメです。

 
 
利用シーンをイメージできれば、

自ら判断してくれます。

説得する必要なんてありません。

 
 
1点注意があります。

 
利用シーンをイメージしてもらったからといって、

欲しくなったり買いたくなったりするわけではありませんよ。

 
そんなに都合よくいきません。

 
もともとちょっとは欲しいと思っていたのなら、

買ってもらえる可能性があります。

 
 

あなたは、利用シーンをイメージしてもらっていますか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

ユニクロといえば、、、

こちらの本がオススメです!


『ユニクロ9割で超速おしゃれ』
https://amzn.to/34fPIlc

 
 
====================
<PR>
月3,000円でお悩みを解決できます!

月収50万円から100万円を安定して稼ぎたい
一人起業家のためのオンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/
====================

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント