倉林です。

 
 

明日は妻と一緒に料理教室へ!

 
おいしい「厚焼きたまご」を作れるように

なってきます(笑)

 
 

さて、

色んな神社を参拝していると、

期間限定の御朱印に出会います。

 
これ、テンションが上がります。

 
以前にその神社で通常の御朱印を

もらったことがあっても、

また欲しくなってしまいます。

 
なにせ「期間限定」の特別な御朱印ですからね。

 
 
皆さんにも経験があると思いますが、

「○○限定」って魅力的ですよね。

 
限定という言葉があるだけで

特別なものに見えてしまって、

欲しくなります。

 
あまり必要がなくても(笑)

 
「もう買えないかもしれないし」

「せっかくだし」

「どうせ買うなら限定を」

と思ってしまいます。

 
 
限定には、

期間限定、地域限定、人数限定、会員限定

などがあります。

 
期間限定の御朱印もそうですし、

地域限定キットカット、

期間限定のヤマザキ春のパンまつり、

ローソンの関東限定のたまごサンド

なんてのもあります。

 
普通に販売している商品よりは、

自然と選んでしまいやすいですね。

 
 
限定性は

簡単に売上をアップさせることができるので、

ご自身のビジネスでも使ってみてくださいね。

 
 
ただし、やりすぎ注意です。

 
よくあるのが、

煽り表現ぽくなるということ。

 
(実際は期限なんてないのに)

「登録できるのはあと◯◯日」という

カウントダウンタイマーはよく見かけますが、

これを嫌う人は多いです。

 
「この場で申し込んでくれたら半額にします!」

なんてのも嫌われます。

 
限定にする必要がよくわからないので、

ただ理由もなく急かされているだけに見えてしまって、

あやしいのです。

 
 
つい限定性を使いたくなる気持ちはわかりますが、

売上を上げるためのテクニック、

たいして欲しくないのに買わせるテクニック

として使うのはダメです。

 
目先の売上は上がりますけどね。

 
後になって、

「売りつけられた」

「買わされた」

とクレームや返金要望が増えます。

 
これでは意味がありません。

 
 
かといって、

クレームや返金要望が増えるなら

一切やらないと決めてしまうのも、

もったいないです。

 
本来の限定性に戻ってみたら

よいのではないかと思います。

 
 
難しく考える必要はありません。

理由がわからない限定性が

あやしく見えるだけですので、

理由を明確にすればOKです。

 
 
たとえば、

「品質を確保するため」

「お客様に満足してもらうため」

「お客様に楽しんでもらうため」

という理由で

限定性を使うのはどうでしょうか。

 
品質を確保するために

あえて販売量を抑える(数量限定)とか。

 
ご当地もの(地域限定)にするのも

ゲーム感覚で楽しんでもらえます。

 
 
ご自身のビジネスでも、

理由を明確にした上で

「◯◯限定」が使えないかどうか、

考えてみてくださいね。

 
 

あなたのビジネスでは、どんな限定性が使えそうですか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

明日、厚焼きたまごの作り方を

学んでしまったら、、、

またたまごの消費量が増えてしまいますね(笑)

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント