倉林です。

 
 

よく考えずに図書館で本を借りまくってしまい、

何冊も積ん読状態です…(笑)

 
 

さて、

木暮太一さん著

『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』

http://amzn.to/2oHqUQx )より、

ちょっと長いですが引用します。

 
====================

生存競争が激しい熱帯雨林に生息している樹木は、

どの木も、隣の木よりも多くの光を得ようと

上へ上へと伸びる。

 
ところが、

それでは「影」に隠れてしまう木が出てくる。

 
その影に隠れた木々は、

太陽の光を得ようと、

他の木と同じ高さまで伸びようとする。

 
もしくは、

いちばん高く伸びて、

光を独り占めしようとする。

 
すべての木が同様のことを考えているため、

熱帯雨林の木々は非常に背が高い。

 
ところが、

ふとその熱帯雨林を俯瞰して全体を見渡してみると、

光を得ているのは最上部の葉っぱだけだ

ということに気がつく。

 
一生懸命背伸びして、

高いところにたどりつこうとしているが、

日が当たっているのはごく一部なのである。

 
そして、より大事なことは、

すべての木の背が低くても

「各樹木が得られる光の量は同じ」ということだ。

 
自分だけ太陽の光を得ようと競い合って伸びても、

誰も何も考えず「当初」の高さでとどまっていても、

「得られるもの」は同じだったのである。

 
熱帯雨林に生息している樹木は、

なんと無駄なことをしているのだろうか──。

====================

 
知らずしらず、

こんなムダな競い合いをしていませんか?

 
「一人起業家たるもの、○○のが当たり前」

だと思っている方は要注意です。

 
○○には、

お金を稼ぐ、お金を使う、ライバルに勝つ、

ライバルよりも目立つ、差別化する、

自分をブランディングする、

なんて言葉が入ります。

 
こんなことを思っていると、

どうでもいい競い合いに巻き込まれてしまいます。

 
 
競い合うこと自体を否定しているわけでは

ありませんよ。

 
成長や進化につながる、

健全な競い合いならアリです。

 
ただ、

上記のような全員がつぶし合う

競い合いは不毛です。

 
疲弊するわりに得られるものが

ほぼありません。

 
 
あえて競い合わない。

今の自分のままで評価してもらえる

他の場所を探す、

そんな起業も大いにアリです。

 
この方が長く生き残っていける

確率は高いです。

 
競い合って生き残れるのは

ごくごく一部の人だけです。

大多数は疲弊して終わりです。

 
 
他の人たちと異なる行動を取るのは、

「自分は間違っているかもしれない」

と不安になりますよね。

 
だから、

みんな同じ場所に群がってしまい、

競い合って疲弊するわけですが。

 
不安はわかりますが、

みんなと同じが正解とはかぎりません ^^;

 
 

あなたは、意味のない競い合いをしていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

もちろん、好きなら

「1番を目指すぜ!」

ってのもアリです。

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント