倉林です。

 
 

今日は熱田神宮を参拝した後、

ワールドエッグフェスへ。

 
参考:
http://www.littleworld.jp/events/2019autumn/index.html

 
 
一般の方にはあまり強くオススメはしません(笑)

広大な公園を散歩したいという方にはオススメです ^-^

たまごはオマケな感じでした…(汗)

 
 

さて、

「面白い広告」

「目を引く広告」

「インパクトのある広告」

を求める方は多いのですが、、、

これは止めた方がよいです。

 
あまり効果がありません。

 
 
上記の広告を求めること自体はいいのですが、

ほとんどの場合

「広告のことしか考えていない」

のが問題なのです。

 
広告とLPとでズレがありすぎて、

広告をクリックしてLPを見た人が

「広告を見て期待したのと違う。あやしい」

と不信感を抱いてしまうので

離脱率が高くなってしまいます。

 
広告費がムダになります。

 
 
広告は魔法の集客ツールだとか

幻想を抱いているとやりがちです。

 
実際にはそんなに魔法のツールでもありません。

 
 
本当によくあるのですが、、、

とにかく目を引く広告を作ろうとして

LPに書いていないようなことを書いたり

ちょっと過激・過剰な表現をしてしまいます。

 
たとえば、

ちょっと前に見かけたのですが、、、

「D出版」の広告です。

 
全然関係ないのに

マネキンの足のどアップの画像を使って

クリックさせようとしていました。

 
たしかに感情は動くし

クリック数は上がります。

 
ただし、

あまりよくない方向に感情が動きます。

 
死体のように見えるので

ギョッとするだけです。

 
また、クリックはしますが

「全然関係ないじゃん」

「人をだましやがって」

と一瞬で冷めます。

 
「D出版はあやしい」

と思う人が増えるだけなんですよね…。

 
マネキンの足を見て来た人が

本を買ったり

メルマガに登録するわけがない(笑)

 
 
チラシでも同様です。

 
チラシにでかでかと掲載されている

目玉商品を見て、

期待してお店にやってきたのに、

「もう売り切れました」

では悲しいですよね。

 
店の目立つところに置いていない場合も

悲しいです。

「実はそんなに目玉商品じゃないじゃん」

とガッカリしてしまいます。

 
結果、

お店に対して不信感が増すことになります。

 
 
広告に期待する方は本当に多いのですが、、、

実態とかけはなれた広告は

全くの逆効果になりますので

ご注意ください。

 
特にDRMが好きな方…(笑)

 
 

あなたは、実態とかけはなれた広告やチラシを作っていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

ワールドエッグフェスでも食べたのですが、、、

名古屋駅の美濃味匠(みのみしょう)で

たまごサンドやだし巻きたまごを買いまくりました(笑)

 
たまご尽くしの1日でした。

 
明日はどこへ行こう…(笑)

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ