倉林です。

 
 

今日は無印良品でお買い物。

 
無印良品には「無印週間」という

セール期間がちょくちょくあるので、

チェックしておくと

オトクに買い物できます ^-^

 
 

さて、

数年前に流行ったのですが、

ファンタジー(幻想)で売るのは

止めた方がよいです。

 
全くほめられた手法ではありませんし、

どうせうまくいきませんから。

 
 
ファンタジーで売るとは、

「ウチに来たらお金を稼げて

自由で豪華な暮らしができますよ!」

「1日10分、スマホがあれば

誰でも稼げますよ!」

と中身を言わずにイメージばかりを強調することです。

 
あくどいのになると、

実際の中身やリスクや大変さを言わないことが

あります。

 
売り逃げしたい人たちが確信的に使う手法です。

 
 
最近は広告審査が厳しくなってきているし、

ユーザも学習しているので、

ファンタジーで売る人は減ってきています。

 
でも、まだ生き残っています。

くれぐれもご注意ください。

 
基本的には中身の薄い商品・サービスですからね。

 
まっとうな商品だったら

ちゃんと中身を説明します。

 
 
まあ、

ファンタジーに引っかかる人にも

大いに問題はありますけどね。

 
「ラクをして稼ぎたい」

「今の状況から抜け出させて欲しい」

という依存的な思いが強すぎると

すぐに引っかかります。

 
僕も引っかかったことがありますよ(笑)

ここでは書けませんが…。

 
 
やっぱりね、

現実から目を背けることなく、

現実を直視して判断しないとダメです。

 
「そんなオイシイ話、あるわけないじゃん!

でも、もしかしたら今回は…」

なんて思うともう引っかかります(笑)

 
「そんなオイシイ話、あるわけないじゃん!」

で踏みとどまらないと。

 
 
売る側の場合も同様です。

 
現実から目をそらすような売り方は

NGです。

 
本だったら目次は無料公開しますよね。

カタチのない商品・サービスは

ただでさえあやしく見られがちなので、

もっと丁寧に中身を公開する必要があります。

 
コンテンツをまるごと公開しろ、って意味では

ありませんよ。

 
中身を判断できるくらいの十分な情報を

公開する、というお話です。

 
 
「そんなことしたら売れなくなる!」

と思う気持ちも分かります。

 
僕もそう思っていた時期があります。

 
でもそれは言い換えれば、

ファンタジーで売らないと売れない、

表面だけキレイで中身がないから

普通に売っても売れない、

その程度の品質だということです。

 
根本から見直す必要があります。

 
 
それなりに大変ではありますが、

ファンタジーで売ろうとせずに

ファンタジーで買おうとせずに

現実を直視してビジネスをするのがオススメです。

 
 

あなたは、ファンタジーにハマっていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

明日は無印良品で注文した収納家具が

届きます。

これで部屋がスッキリ。

楽しみだなあ… ^-^

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント