倉林です。

 
 

久しぶりにピクルスを作ってみました。

 
最近、宮古島に行ったり

外泊が多かったので

かなり久しぶりな感じ…。

 
 

さて、

「マーケティングが分かってきた」

と思い始めた方にぜひ注意して欲しいのですが、

過剰に「強いコピー」を書いてしまっている

ことが多いです。

 
「世界一○○」

「魔法の○○」

「超○○術」

のように、

特に根拠がないのについ書いてしまいます。

 
 
このようなコピーだと、

本人をはじめ

起業に慣れている方はいいんですが、、、

慣れていない方は

「あやしい」と感じて

離れてしまいます。

 
つまり、

新しい人がやって来ません。

 
 
すると、

「集客しなきゃ」と焦って

さらに強いコピーを書いてしまいますが

完全に逆効果です(笑)

 
 
いったんコピーライティングのテクニックは忘れて

「フツーの言葉」で

書いてみるとよいかと思います。

 
面白いんですけどね。

かえって目立ちますよ。

 
それと、堂々としている感じがして

自信がありそうに見えます。

中身もよさそうに見えます。

 
ぜひ試してみてください ^-^

 
 
それでも「世界一○○」のような

強いコピーを書かないとダメなのでは?

と思ってしまったら、、、

そのコンテンツの中身が薄いのだということです。

 
中身が薄いことを何となく自覚しているから

コピーで補おうとしてしまいます。

 
こんなときはまずコンテンツの中身を

全面的に見直すことをおすすめします。

 
 

あなたは、強いコピーを書こうとしていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

中田敦彦さんの動画です。

https://youtu.be/bbLvW2vGt-w

 
このくらいテンポよく話していたら

つい見てしまうなあ…。

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ