倉林です。

 
 

今日は乃木神社を参拝!

 
工事中で全部は参拝できなかったのですが、

気持ちのいい神社でした ^-^

 
 

さて、

起業して間もないと

その重要性もよく分からないので

ほとんど数字を見ません。

 
うまくいっている人は

数字を見ているわけですが、、、

数字だけを見ているわけではありません。

 
数字だけを見ている人は

実態をよく把握しておらず、

実はうまくいっていません。

 
 
たとえば、

メールアドレスを1件登録してもらうのに

かかるコストをCPAと言います。

 
僕たちのような一人起業家の

コンサルタント業ですと、

CPAは1,000円から1,500円のことが多いです。

(あくまで参考程度に)

 
 
起業間もない場合には

このCPAがよく分からず、

とにかく人が来てくれればいい、

という方が多いです。

 
まあ、これでいいと思いますよ。

 
 
問題は次の段階です。

 
「CPAをチェックするといいらしい」

「うまくいっている人はCPAを見ているらしい」

と聞きつけて、

CPAを気にし始めます。

 
 
これはいいんですよ。

一つの指標として使えます。

 
 
問題なのは、

CPAが相場より低いからうまくいっている、

CPAが相場より高いから下げないといけない、

とたった一つの数字だけで

決めつけてしまうことです。

 
これはダメ。

 
いくらCPAが安くて

たくさん登録してくれたとしても、、、

その次のメイン商品を買ってくれないのなら

意味がありません。

 
買ってくれても

クレームや返金要請が相次いだり、

自分では行動しない依存的な人ばかりだったら

これまた意味がありません。

 
 
数字だけで決めつけるのは止めてくださいね。

キケンすぎます。

 
CPA、登録率、CPO、説明会成約率、

動画視聴率なんてのも

同じですよ。

 
一つの指標としてはいいのですが、

数字が相場と比べて悪いからダメだとか

そんな単純な決めつけは止めてください。

 
 
ほとんどの作業を自分でやるような

小さい規模の一人起業家だったら、

次のポイントを抑えておけばよいでしょう。

 
・出ていったお金と入ってきたお金を比べて、

 お金がどのくらい増えているのか?

 
・集まった見込み客は

 自分の来て欲しい人なのか?

 
 
これだけだとザックリしすぎていて

途中のプロセスがどうなのかよく分からないので、

CPAなども確認するのならアリです。

 
ただし、あくまで参考程度に。

 
 
CPA神話(CPAが安い方がいい)

のようなものがはびこっていますが、、、

まああんまり気にせずに ^-^

 
 

あなたは、数字に振り回されていませんか?

 
 

それではまた!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

前々から気になっていた、

「俺のベーカリー&カフェ」の

「奥久慈のたまごサンド」を

食べてみました!!!

 
参考:
https://www.facebook.com/hiroyuki.kurabayashi/posts/2344188448968910

 
写真と違う…(笑)

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ