倉林です。

 
 

昨日、

「どんなときもWi-Fi」を契約してきました!

 
今のところかなり快適です。

しばらく使ってみたら

使用感をレポートします!

 
 

さて、

「○○して欲しかったのに…」

なんて、

後になって過去形で

グチをこぼしたことはありませんか?

 
 
これは止めてくださいね。

後で言われてもどうしようもありませんし、

お互いに気まずくなって

人間関係を壊してしまうだけですから。

 
 
ですので、

前もって主体的にリクエストするのが

オススメです。

 
リクエストとは、

「○○して欲しい」

と前もって自分の要望を伝えることです。

 
 
「○○して欲しかったのに…」

と言う方は、

「私の悲しい気持ちを分かって欲しい」

という思いがあるようです。

 
その感情に寄り添ってあげるのが

正解で美談のように思えますが、

残念ながら全く違います。

 
ただリクエストするのをサボっただけですからね。

決して被害者ではないのです。

 
 
事前にリクエストしておけば、

悲しむこともなかったはず。

幸せな感情を味わうことだって選べたのです。

 
ただ待つのではなく、

主体的にリクエストして

幸せな感情を取りに行くのがオススメです。

 
「○○して欲しかったのに…」

なんて後悔ばかりの人生はあまりに悲しいですからね。

ぜひリクエストの達人になってください。

 
 
リクエストに関して、

1点注意があります。

 
 
それは、

勇気を出してリクエストしたからといって、

必ず受け入れてもらえるわけではないということです。

 
相手には受け入れる権利も断る権利もありますから。

 
相手の自由です。

断られるのは当たり前だと思っておくくらいが

ちょうどよいです。

 
 
自分がリクエストされた場合も

「なんで私のリクエストを聞いてくれないの?」

と責められたらイヤですよね。

 
決して相手を思い通りにコントロールしようとは

しないことです。

 
相手の意志を尊重します。

これがうまくいくコツです。

 
 
リクエストに慣れていない方は、

まずは

「断られてもあまり影響のないリクエスト」

から始めてみるのがよいでしょう。

 
断られてもダメージが少ないので、

気軽にリクエストしてみやすいかと思います。

 
 

あなたは、前もって主体的にリクエストしていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今日は中学の同期から

オシャレなフルートグラスをいただきました!

 
いやー嬉しい。

 
気付いたら、、、

スタバで5時間くらい話していました…(笑)

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ