倉林です。

 
 

今日もアポの前に神社へ。

 
亀戸香取神社、江東天祖神社、

亀戸天神社を参拝してきました。

 
東京は徒歩圏内に神社がたくさんあって

いい感じ!

 
 

さて、

ビジネスの世界ではよく言われることですが、

「見込み客が持っている不満を解消する」

のは重要です。

 
特に重要なのは、

「見込み客が」という視点です。

 
 
ついやりがちなのが、

売り手側が勝手に

「見込み客の不満はこれだろう」

と決めつけてしまうということ。

 
同業他社を分析して、

相手の弱みを見付けて

「これをウチが解消してあげれば

喜ばれるはずだ!」

なんてよくやりがちです。

 
的外れですよね。

 
 
この考え方ですと、

あまりうまくいかないことが多いです。

 
売り手側は専門家なので、

どうしてもマニアックで専門的な点ばかりを

見てしまいます。

 
その結果、

いくら改善したとしても

見込み客にとっては

「どこが違うんだよ!?」

「そこじゃないよ!」

と思われてしまうわけです…。

 
苦労して分析、改善するだけ

時間がもったいないですよね。

 
 
同業他社に勝とうとしないでください。

 
そうではなくて、

見込み客の持つ不満を解消するだけです。

 
 
たとえば、

僕がやっているFacebook広告運用代行。

 
ほとんどの運用代行会社(広告代理店)は

こまめな報告や打ち合わせには

対応してくれないのだそうです。

 
ということは、

こまめな報告や打ち合わせをするだけで

圧倒的に優位になります。

 
実際、僕も

この点を心がけたところ、

「丁寧に親身にやってくれているので

他の案件もぜひお願いしたい」

と言われるようになりました。

 
 
こまめな報告や打ち合わせをしないのは

業界的には当たり前のことなのかもしれません。

 
だから、あまり意識して変えようとは

思いませんし、

同業他社よりも結果を出す

(安く見込み客を集める)

ことを追い求めます。

 
そして疲弊します(笑)

 
 
もちろん、

一定以上の品質を提供するのは

重要ではありますが、

競合に勝って自分が選ばれようとは

しない方がよいです。

 
本当に疲弊しますからね。

 
直接、専門分野とは関係のないところで

改善できそうなことを

考えてみてくださいね。

 
 
お客様、見込み客に聞けるのなら

ぜひ聞いてみてくださいね。

 
 

あなたの見込み客が持っている不満は何でしょうか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

明日は中学の同期から連絡があって

会食!

楽しみなり!!!

 
明後日もまた

友人から連絡があって会食!

 
やっぱりね、

ビジネスライフやキラキラライフだけじゃなくて

普通の楽しい生活を発信していると

連絡があるようです。

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ