倉林です。

 
 

熊谷に帰ってきました。

暑い…(汗)

 
 

さて、

個人でホームページ制作を生業としている

Webデザイナーがよく言うのが、

「Web集客のコンサルタントになりたい」

ということ。

 
ホームページ制作だけでは

労力のわりに売上が少なくて大変なので、

コンサルタントに転身したいのです。

 
 
気持ちは分かりますが、

転身してうまくいく人は少ないようです。

安易に制作サービスを止めてはいけません。

 
制作サービスを受注できているのなら、

制作サービスを買ってくれたお客様に

コンサルティングサービスを買ってもらうことを考えた方がよいです。

 
制作サービスはそのままにして、

より高額なサービスを作るということです。

 
 
新しいサービスを始めたときに一番困るのは、

「集客」です。

 
既に集客できているサービスを入口にして、

より利益の出るサービスを追加するのがオススメです。

 
「制作なんて早く止めたい!」と思う方もいるでしょうが、

安易に切り捨てるのはダメです。

集客できているわけですから。

 
大変だったら、

受注量を減らして調整してみてください。

安易に止めるのはダメです。

 
 
また、

一人起業家の多くは苦手ですが、

制作サービスを自社で受注して、

作業はビジネスパートナーにお願いするのもアリです。

 
いいビジネスパートナーが見つかれば、

それほど労力を割かなくても売上が上がるようになります。

 
「手を動かしたい」「経験を積みたい」「ものづくりをしたい」と

思っている方はたくさんいますからね。

 
そんな方に発注したらいいわけです。

安易に制作サービスを止めてしまうのは

もったいないです。

 
 
ちなみに、

僕は安易に制作サービスを止めて

失敗しています。

 
「システム開発の下請けなんてやってられるか!」

と思って、

安易に下請けを止めてしまいました。

 
2,000万円の売上のほとんどを

その会社に依存していたので、

本当に苦労しました。

 
2,000万円を捨てるなんて

本当にもったいないですよね。

 
安易に止めていなかったら

何年も苦労することもなかったと思います。

 
 
そうそう。

コンサルタントに転身したいという方は、

これまでのお客様が引き続き発注してくれると

思いこんでいるフシがあります。

 
これは図々しい妄想です。

 
制作サービスを一切止めてしまったら、

引き続き発注してくれると思いますか?

 
他の制作会社に乗り換えてしまうだけです。

 
だって、

どこかに発注してホームページを作って

もらわないといけないわけですから。

 
新しい制作会社がコンサルティングもやっていたら、

そこに依頼してしまいます。

 
 
僕にも経験があるので、

制作サービス(などの時間を切り売りするサービス)が

苦しいのは分かります。

 
でも、

安易に制作サービスを止めないでくださいね。

 
大きな売上を上げるための入口として

活用することを考えてみてください。

 
 

あなたは、制作サービスをどう活用していますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

明日は熊谷で花火大会があります。

屋台のイカ焼きを食べたい…(笑)

 
 
====================
<PR>

売上を上げたい一人起業家のための
オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でお悩みを解決できます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ