倉林です。

 
 

今日は東京でお買い物。

 
珍しくこのためだけに東京に

行ってきました ^-^

 
いい買い物をできてホクホクです!

 
 

さて、

僕は数年間、生活もままならない状態だった

ことがあるのですが、、、

この状態のときに「正しい」と信じていたことがあります。

 
それは、

お客様に寄り添い、親身になる

ということ。

 
 
今では全く正しいと思っていませんが。

 
安易に寄り添い親身になると

依存されてしまうのです。

 
自分のアタマで考えることや

行動することを放棄して、

こちらになんでもかんでも質問して

正しい答えを聞こうとします。

 
納得しないと動けないようになってしまいます。

 
ということは

こちらが相手を納得させないといけない

状況になるわけです(汗)

 
 
たとえこちらがよかれと思って

やったことでも、

かえって面倒な状況を作ってしまいますし、

相手が成長する機会を奪ってしまうんですよね。

 
寄り添ったり親身になったりするのは

必ずしも善ではないのです。

 
 
お互いにとってデメリットしかないので、

あるときから寄り添ったり親身になったりするのを

完全に止めました。

 
今はむちゃくちゃラクになりましたよ。

 
 
「お金がないんです」

「体調が悪くてできませんでした」

「時間がなくてできませんでした」

なんて言い訳をお客様がしてきたら、

安易に「大丈夫ですよ」なんて同調しないでくださいね。

 
こちらとしてはあまりたいした意味を

こめていなくても、

「あ、大丈夫なんだ♪ よかった♪」

と安心してしまって、

「何をしても、何もしなくても全て承認してもらえる♪」

「私のワガママを全て受け入れてもらえる♪」

と拡大解釈されることもあります。

 
こうなると、徐々に要求がエスカレートしますからね。

本当にしんどいです。

 
 
こんなことにならないよう、

あえてドライに振る舞うくらいが

ちょうどよいです。

 
「そうですか」

「それで、どうしますか?」

「それが何でしょうか?」

「意図は何でしょうか?」

「いつやりますか?」

「では、止めますか?」

 
 
文字だとちょっとキツく見えるかもしれませんが、

だからといってあまり丁寧に言わないでください。

 
丁寧に言うと何も伝わりませんから。

かえって相手がイライラするかも(笑)

 
あえてドライに、

ちょっと壁を作って、

ストレートに言ってみてください。

 
演技でいいので。

 
この方がうまくいきます。

 
 
あ、ちなみに、

「なんでやらなかったんですか?」

「あなたのダメな点ですね」

なんて責めるのは避けてください。

 
口論が発展してトラブルになりやすいですし、

状況は好転しませんからね。

ムダでしかありません。

 
 
また、ドライに振る舞うのはいいのですが、

ドライに振る舞って自分のペースに持ち込もうと

しないでくださいね。

 
主導権を握って

相手をコントロールしようとすると、

相手はコントロールされている状態になるわけです。

 
これはつまり、

相手を依存させている状態です。

 
全く逆効果ですよね(笑)

 
ただドライに振る舞うのならいいのですが、

相手をコントロールするために行うのはダメです。

 
 
それと、きっぱり断るのもアリですよ。

 
自立した大人のコミュニケーションが取れたら

よいとは思いますが、

全ての方とコミュニケーションを取らないといけない

なんて義務はありません。

 
本当にお金がない場合や、

他にもっと重要なやることが場合も、

きっぱり断ればOKです。

 
 
「イヤなヤツだと思われそう」と

思ってしまうかもしれませんが、

ぜひちょっとドライに振る舞ってみてください。

 
かえって人間関係が良好になりますから。

 
 

あなたは、お客様に合わせるのが正しいと思っていませんか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

神社にも行きたかったのですが、

今日中に図書館に返さないとマズい

本があることを思い出したので、、、

買い物を終えてすぐに帰りました(泣)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ