倉林です。

 
 

家の近所で祭りがあって

一日中太鼓の音が聞こえます ^-^

 
 

さて、

もう何年も前のことですが、

マーケティング本を読みまくっていたことがあります。

 
今回は、その中のある本に載っていたお話を

ご紹介しますね。

 
 
それは、

「自分の提供している商品やサービスを
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

伝えることの重要性」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のお話です。

 
 
ある家電屋の修理技師さんが、

親しくしているお客様のお宅に

何度も訪問していました。

 
あるときは洗濯機の修理に、

あるときは換気扇の修理に。

 
修理技師さんは居間を通るたびに、

「そろそろテレビを買い換える時期かなあ」

「そろそろウチに注文が来るだろうなあ」

と期待していました。

 
ところが数ヶ月後に訪問してみると、

居間のテレビが最新型になっていたのです。

 
これには修理技師さんも驚き。

そしてちょっと怒り気味。

 
「ちょっとちょっと。

なんでウチで買い替えてくれないんすか?」

 
お客様はキョトンとして、

こう返しました。

 
「あんたのところでも買えたのかい?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

知らなかったよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

修理しかしないものとばかり思っていたよ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
これね、笑えません…。

 
さすがに修理技師さんもテレビのことを

話題にはしていたと思いますよ。

 
でも、

お客様のアタマの中で

イメージが固まっていると、

軽く伝えただけでは

イメージは書き換わりません。

 
 
お客様と何度も会話して、

お客様がどういうイメージを
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

持っているのか
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

確認してみるのがオススメです。

 
 
もしもズレていたら、

「実はこういうこともやっているんですよ」

と切り出してみるとよいかと。

 
 
僕もたまに聞くようにしています。

 
かつては、、、

「よく分からない」

「ITの何かをやっている人」

「たまごの人」

というイメージを持たれていましたが、

今は

「Facebook広告の人」

「たまごの人」

みたいです…(笑)

 
 
はい。

ズレはありませんね(笑)

 
 

あなたは、お客様から何屋さんだと思われていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

そういえば、、、

今年はまだ冷房をつけていない(汗)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ