倉林です。

 
 

図書館の帰りにいつもと違う道を通ったら、、、

昔ながらのパン屋さんを発見。

 
ほっとする味です… ^-^

 
 

さて、

最近はFacebook広告運用サービスの

初期費用(着手金)を10万円頂いております。

 
今日も1件受注しまして、

さっそく初期費用の請求書を送らせて頂きました。

 
 
初期費用を頂くようになって

3つのメリットがあることが分かったので

簡単にご紹介しますね。

 
「初期費用をもらいづらい…」

と思っている方はぜひ読んでみてください。

 
 
==================
■初期費用を頂く3つのメリット

1)
簡単に売上をアップできる。

2)
比較的ビジネスが安定している人が集まる。

3)
売上を回収できないリスクを減らせる。
==================

 
 
簡単に説明します。

 
 
1)
簡単に売上をアップできる。

 
これは分かりやすいですよね(笑)

初期費用の分だけ売上がアップします。

 
しかも、着手金として請求しますので

早めにお金が入金されます。

(入金され次第、作業開始ってことです)

 
 
2)
比較的ビジネスが安定している人が集まる。

 
まだ作業を開始していない、

つまり、何も成果が上がっていない状態でも

初期費用を払える状態の人だけが集まります。

 
逆に、

「初期費用が払えない…」

という状態の人は来にくくなります。

(来てもお断りすればOK)

 
ある程度の余裕がある人だけが集まるので、

かなりやりやすくなりますよ。

 
 
3)
売上を回収できないリスクを減らせる。

 
2) と関連するんですけどね、

お金に余裕がない人と取引していると、

売上を回収できないリスクがあります。

 
理由はさまざまですが、、、

だいたい共通するのは

「初期費用を嫌がる」

のです(笑)

 
ですから、

初期費用をもらっておけば

お金に余裕がない人と取引はしなくて

済みますし、

売上を回収できないリスクも減ります。

 
 
初期費用は払ってもらえたけれど

その後で支払いでもめることもあります。

 
そんなときでも、

少なくとも初期費用分は回収できますからね。

 
ちょっとだけマシです(笑)

 
 
ということで、

ぜひ堂々と初期費用(着手金)を

請求してください。

 
かなりやりやすくなりますよ!!!

 
後で値引きすることだって可能ですので、

メニュー表にはちょっと高めに書いておいて

よいのでは、と思います ^-^

 
 
初期費用の概念がない業界でしたら、

いくらかを最初にもらうとよいでしょう。

 
ホームページ制作が60万円の場合は、

着手金として30万円とか15万円とか

もらうとよいです。

 
 
ポイントはですね、

「入金されたら作業開始」を死守
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(入金されるまで作業しない)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

するということです。

 
軽微な作業ならやってもいいですが、、、

本格的に作業してしまうのはダメ。

 
 
最初は抵抗があるかもしれませんが、

深く考えずにやってみてください。

 
意外とすんなり通ります(笑)

 
 

あなたは、初期費用(着手金)をもらっていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今日発見したパン屋さんには

たまごメインのパンがなかったのが残念(笑)

 
売り切れていただけかもしれないので、

また行ってみようかと!

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ