倉林です。

 
 

今日は、、、

温泉で僕の靴が片方なくなりまして…

悲しい(泣)

 
しかも無印良品で買ったばかりの靴(泣)

 
 

さて、

服を処分するときに

「どの服を処分したらいいのか分からない」

という方がいます。

 
って、僕もそうですよ。

 
「高かったのに…」

「また着るかもしれないし…」

と思って、

なかなか手放せないのです。

 
もう、こうなってしまうと

処分できませんよね…(汗)

 
本も同じです。

何年も読んでいないのに捨てられない(笑)

 
書類も似たようなところがありますが、

書類の場合はわりと有効期限が分かりやすいし、

ドキュメントスキャナでPDFにして

パソコンに取り込んでおけばOKですからね。

 
 
このように、

服や本を処分できないときに

オススメの考え方があります。

 
 
それは、、、

「もう1回買うとしたら、本当に買う?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と自問してみるということ。

 
 
この質問をしてみるだけで、

わりとあっさりと解決できますよ。

 
それまでむちゃくちゃ執着していたのに、

「あ、いらないや」

と思えるから不思議です(笑)

 
 
2年以上着なかった服や

2年以上読まなかった本は

処分してしまう、

というルールを作ってもよいのですが、、、

 
おそらく心理的抵抗があるでしょう。

 
で、結局は処分できずにたまっていくわけです。

 
 
やっぱりね、

理屈で考えてもなかなか行動できないことは

多いのです。

 
論理や合理性だけでは

人は動けません。

 
いくら「半熟ゆで卵が健康にいい」

と知っていたとしても、

毎日必ず半熟ゆで卵を食べるのはしんどいですよね。

 
たまには醤油をかけた目玉焼きや

ケチャップをかけたオムレツも食べたい。

 
カロリーが高そうなエッグベネディクトも食べたい。

 
そう思うのが人間です!

 
(話半分で読んでくださいw)

 
 
「もう1回買うとしたら、本当に買う?」

と自問してみることで、

あっさりと理屈のカベをすり抜けることができます。

 
 
なかなか捨てられない、止められないものがあるときには

「もう1回買うとしたら、本当に買う?」

と自問してみてください ^-^
 
 

 
あなたは、それをもう1回買うとしたら、

本当に買いますか?

 
(「それ」はご自身でイメージしてみてください)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

先日は数年ぶりにはいた革靴の底が

ボロボロにはがれていきました。

 
靴の呪い?(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ