倉林です。

 
 

今日は秩父へ。

 
秩父神社でご祈祷して頂きました。

いい経験でした ^-^

 
 

さて、

先日のメルマガで

電子書籍の話を書きました。

 
参考:
https://achievus.appassionato.co.jp/2019/06/8916.html

 
 
続きは明日にでも、と書いたのですが(笑)

忘れていてすみません ^^;

 
 
では本題に。

 
 
電子書籍を作るのは

無料でできるのですが、、、

ぜひお金をかけて欲しい点があります。

 
それは、

「表紙デザイン」

です。

 
表紙はぜひデザイナーさんに

お金を払ってお願いしてください。

 
 
なんとなく分かると思いますが、

シロウトがデザインした表紙は

シロウト感が出ます…。

 
このままでは

欲しいとは思ってもらえません。

 
つまり、

あまり登録者が増えません。

 
 
これでは意味がありません。

 
 
ご自身が知っているデザイナーさんや、

クラウドワークスやランサーズなどで

デザイナーさんを探して

発注してみてください。

 
 
重要なポイントなのですが、

電子書籍をダウンロードしようと思う時点では

ユーザは

本のタイトルや表紙画像くらいしか

手がかりがないんですよ。

 
中身を知らずにダウンロードするわけです。

 
表紙画像のウェイトは

非常に大きいのです。

 
 
表紙だけで欲しい!と思ってもらえる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

くらいがいいわけです。

 
 
「読んでもらえばわかる」

なんて通用しません。

 
残念ながら、

表紙画像がイケてないと

そもそも読もうとすら思えませんから。

 
興味をそそられないなら、

無料でもダメなんです。

 
 
電子書籍プレゼントのLPを作ってみたいという方は

ケチらずにデザインにお金をかけてください。

 
これホント。

 
 
それと、、、

表紙画像にこだわっておけば、

ユーザはオトク感を感じます。

 
「有料で販売している書籍を

無料でもらえるの!?」

と感じます。

 
実際には販売していない電子書籍であっても、

表紙のクオリティが高いと

有料だと勘違いするのです。

 
 
もうね、

ホント表紙にはお金をかけてください。

(高額なら正解って意味じゃないです)

得られる成果がまるで違いますから。

 
 

あなたの見込み客はどんな表紙が好きそうですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

秩父神社で御札を頂いたのですが、、、

大きすぎて神棚に入らない(泣)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ