倉林です。

 
 

天気がよくて

いい感じに風もあるので

洗濯をするのが気持ちいいですねえ。

 
 

さて、

とある一人起業家コミュニティで

こんな投稿がありました。

 
 
「イベントなどの紹介依頼目的で

やたら長い文章を投稿する方が多いのですが、

みなさん読んでいますか?

 
たぶんほとんどの人がスルーですし、

長文をスルーするのにも

何度もスクロールしないといけません。

 
重要なお知らせが埋もれてしまいますし、

長文を投稿するのは止めませんか?」

 
※内容は改変しています。

 
 
Facebookのように

長文投稿はいきなり全文は表示されず、

 
詳細を読みたい人は

「もっと見る」リンクを押せばいい、

というのならよいのですが、、、

 
チャットワークだと

全ての文章が表示されますからね。

 
長文投稿には不向きな仕様なんです。

 
 
僕もほぼスルーでしたが

スルーするのも大変でした(汗)

 
 
早速、メンバーのみなさんの

文章量が減りました(笑)

 
よかったよかった。

 
 
やっぱり、

ポイントは簡潔にまとめて、

より詳しい情報が欲しい人向けには

別の資料を用意するのがよいと思います。

 
資料はPDFファイルでも

Googleドキュメントでも。

 
 
いきなり長文を見せられても、

「全部読まないと何を言いたいのか分からない」

のはけっこう苦痛なので、、、

 
「重要ならまた投稿するだろう」

「後で読もう」

と思って、

ほとんどの人がスルーしてしまいます。

 
 
あ、もちろん

長文を読む姿勢ができている人向けなら

長文でいいんですよ。

 
小説の冒頭でポイントを解説されて、

「もっと読みたい方は本編へ」

なんて書いてあったら、、、

興ざめですよね(笑)

 
 
今回のお話は、

広告でも全く同じです。

 
 
「広告を見たい」

「売り込まれたい」

なんて人はめったにいないので、

いきなり長文で説明するようなマネを

してはいけません。

 
 
ついやりがちなんですけどね。

すぐに買って欲しいから。

 
でも、

「うっとうしいなあ…」

と思われながら

スルーされるだけです。

 
 
ではどう考えたらよいのか?

 
 
まずは

「興味がある人を集める」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ことだけにフォーカスする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のがよいと考えています。

 
 
詳しい説明はその後でOKです。

 
 
例えば、

節税に関する無料メール講座に

登録して欲しいのなら、

 
節税に興味がある人を集めます。

 
いきなり無料メール講座の特徴を

説明するのではありません。

 
 
広告文を作るとしたら、

「『一人起業家に節税って意味あるの?』と

思っていませんか?」

とか。

 
興味を持ってくれて

広告をクリックしてくれた人には、

LPでもっと詳しく説明をします。

 
 
まずは興味がある人を集めて、

その人たちだけに対して

詳しく説明をするわけです。

 
この方式の方が

うまくいくことが多いので、

オススメです!!!

 
 
お試しあれ!!!

 
 

あなたは、まずは興味がある人を集めていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

家の中を歩き回りながら

メルマガのネタを考えていました…(笑)

 
机に向かって考えるより

いいですね ^-^

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ