倉林です。

 
 

上野の西洋美術館で

ル・コルビュジエ展を見てきました!

 
絵画は僕にはあんまり…でしたが、

建築物はいいですねえ。

 
住んだら気持ちいいんだろうなあ… ^-^

 
 

さて、

セールスについて

苦手意識を持っている方は多いです。

 
僕もそうでした…。

 
「買ってください」

は売り込みになるし、

言われたらイヤだし、

かといって何と言ったらよいか

分からないし、、、

 
「売ってください」

とお客様が来たら嬉しいなあ(笑)

と思っておりました。

 
 
今回は、

セールスが苦手な方のために、

セールスするときの考え方を

ご紹介しますね。

 
 
セールスが得意な方はスルーしてください(笑)

 
たぶん、

「売ればいいじゃん」

としか思わないでしょうから(汗)

 
 
ポイントは次の3つです。

 
==================
・選び方を教え、一緒にアタマの中を整理する。

・買い方を教える。

・「どうしますか?」と確認する。
==================

 
 
セールスが苦手な方でも、

このくらいは立派にできます。

 
僕だってできましたから。

 
 
一つずつ説明しますね。

 
 
・選び方を教え、一緒にアタマの中を整理する。

 
 
売ろうとしなくていいです。

 
そのかわり、

選び方を教えてあげてください。

 
たくさん同様の商品・サービスがある中で、

どんな観点で選べばいいのか、

会話しながら一緒に選びます。

 
 
問診みたいなものです。

 
売り手が喋りまくるのはNGです。

喋りまくる医者がいたら怖いですよね(笑)

 
質問しながら一緒に選びます。

 
 
ほとんどの場合、

お客様のアタマの中は

ぐっちゃぐちゃです…(笑)

 
何が事実で

何が本当の問題で

本当は何をしたいのか、

全く分かっていません。

 
まず整理しないといけません。

感覚的には本当に問診と同じです。

 
 
・買い方を教える。

 
 
売り込みするのをイヤがる人は

多いですよね。

 
ただ、、、

売ろうとしないと売れません(汗)

 
待っているだけでは

何も変わりません。

 
 
とは言ったものの、、、

売り込みはNGです。

 
 
ぜひ

「買い方を教える」

とイメージしてみてください。

 
金額や支払方法、支払期限などを

説明するだけです。

 
 
買おうと思っている人には

これで十分です。

 
買わないと思っている人は、、、

そもそも買いませんのでご安心を。

 
 
・「どうしますか?」と確認する。

 
 
セールスの最後に何も言わないと

契約に至りません(笑)

 
特に、

迷っている人は

自分事として本気で考えていないことが多いので

自分事にしてもらう必要があります。

 
このためのセリフが

「どうしますか?」

です。

 
「申し込んでくださいね」

とはなかなか言えないし

圧迫感もありますからね。

 
 
ただ

「どうしますか?」

とだけ確認してみてください。

 
自分事として本気で考えてくれます。

 
 
今回ご紹介した3つのポイントは、

セールスが苦手な方には

本当にオススメです!!!

 
売りやすくなりますし、

売り込み臭が消えますし、

成約率が劇的に上がりますので、

ぜひぜひやってみてください!!!

 
 

あなたは、どんなセールスをしていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

銀座のデパートやカルティエにも行ってきました。

 
たまに行くといいですねえ。

エネルギーがわいてきます!!!

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント