倉林です。

 
 

今日は府中の大國魂神社を参拝後、

渋谷で懇親会。

 
大國魂神社はいいですねえ。

新宿から20分で行けるので、

ぜひぜひ ^-^

 
 

さて、

友人の一人起業家さんと話していて

「なるほどなあ」

と思ったことがあります。

 
 
彼は、

色んな案件に関わっていて

非常に多忙なんです。

 
僕が見ていて

「うわあ…大変そう…」

と思うくらい。

 
なんですけど、

過労で倒れることもなく、

健康で、

家族との時間も大切にしています。

 
 
彼に話を聞いていて気づいたのですが、

忙しそうでも

ココロが安定している人は

「自分の時間を確保(死守)」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

していますね。

 
誰にもジャマされない、自分だけの時間を。

しかも毎日。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
彼の場合には、

13時〜15時が自分&家族の時間です。

 
近所の公園に出かけたり、

ジムに行ったりしているようです。

 
自分の時間を確保する、

この習慣が効果的みたいですね。

 
 
「空き時間があったら

自分の時間にしようっと」

ではないんですよ。

 
それでは結局自分の時間なんて

作れません。

 
自分の時間を死守する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

が近いです。

 
 
では、どうやって自分の時間を

確保(死守)しているのか?

 
 
別に、必死になっているわけではありません。

 
「13時から15時は家族との時間なんです!!!」

なんて周りに言ったって、

「知らんがな…」

「オレたちの都合は無視?」

と思われるのがオチですし。

 
 
実は、、、

「13時から15時は他の予定がある人だ」

とみんなから思われているだけなんです(笑)

 
 
僕のように実情を知っている人は

家族との時間だと思っていますが、

他の人にはあえて言っていないようです。

 
言う必要もないですし。

 
 
自分の時間を確保するために

実際にやる行動は、

「13時から15時には仕事の予定を入れない」

だけです。

 
当然のように、

「先約がありますので」

「その時間は空いていません」

と言うだけでOK。

 
 
これを繰り返していくと、

「13時から15時は他の予定がある人だ」

「他の時間にお願いしよう」

と勝手に思ってくれます…(笑)

 
 
「いつも断っているからなあ…。

たまには13時から打ち合わせを入れてもいいかな」

なんて、

中途半端な罪悪感から

ヘタにいい人ヅラしてはダメですよ。

 
 
実際に(プライベートの)予定が入っているわけですから、

「先約がありますので」

と堂々と言えばOKです。

 
 
一度打ち合わせを入れてしまうと、、、

「この間はOKでしたよね?」

と思われてしまうので、

「たまには13時から15時でもOKな人」

に見えてしまいます…。

 
これはダメ。

今後断るハードルが上がるだけです。

 
いい人ヅラなんてしないでください(笑)

 
 
自分のやりたいことをやるのに

「自分の時間を確保する技術」

「断る技術」

は本当に重要です。

 
その場で断るのが苦手な人は、

いくつか断り文句を決めておくと

よいのではないかと思います(笑)

 
※ただし、簡潔で分かりやすい文句を。

 
 
お試しあれ!!!

 
 

あなたは、断っていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

懇親会でお酒ばかり飲みすぎました(汗)

 
水や烏龍茶も同量飲むくらいでないと

帰りの電車がしんどい(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ