倉林です。

 
 

「冬かっ!」

って気温ですね…(汗)

 
 

さて、

僕がいま関わらせて頂いている案件を

整理したら、、、

15件ありました。

 
わりと順調な案件も多いのですが、

中には改善が遅々として進まない案件もあります。

 
 
このような案件が持つ大きな特徴に

「タスクがどこまで進んでいるのか分からない」

があります。

 
「あの件ってどうなってます?」

「たしか○○をやるって言ってましたよね?」

という発言がよくあります。

 
 
打ち合わせで

「これをやっておいてください」

とだけ口頭で伝えて、

そのまま次回の打ち合わせまで放置してしまうからです。

 
各自が責任を持ってやればいいわけですが、

まあそれは理想のまた理想でして(笑)

 
 
打ち合わせはだいたい週1回なので、、、

次回の打ち合わせになると

「どんな経緯だったっけ?」

と思い出すところから始まります…(汗)

 
みんな中年なので

細かいところまで覚えていられません(笑)

 
 
むちゃくちゃ非効率的です。

 
 
「タスク管理表をきちんと書いて

誰か専任の人がタスクの進捗を

チェックすればよいのでは?」

と思うかもしれません。

 
残念ながらこれはあまり機能しませんでした。

 
 
多くの人は

打ち合わせが近付かないと

本気にならないから(笑)です。

 
いくらリマインダーを送ったところで

スルーです。

 
進捗をチェックする人はかわいそうですよね。

 
こまめに連絡を送ってもスルーされるし

責任感を持って何度も送ったら嫌われるだけなので

イヤになって止めてしまいます。

 
 
この点をプロデューサーが理解しておかないと

時間ばかりが経って

売上が上がらない状態が続き、

チーム全員の士気が下がっていきます。

 
 
改善が速い案件では、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

打ち合わせ回数が多めです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
最低でも週2回です。

 
この他に、

(全体ではなく)担当者だけの打ち合わせが

必要に応じて開催されます。

 
打ち合わせ以外でも、

チャットワーク上での連絡が活発なのも

特徴です。

 
 
最低でも週2回だと書きましたが、

1回あたりの時間は短めです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
30分くらいで終わります。

(1時間は長いです)

 
しかも、

議論に関係のないメンバーには

「もう退出していいですよ」

と促します。

 
関係ない打ち合わせに参加していると、

参加すること自体がイヤになりますからね。

 
 
短い打ち合わせを増やすと

とたんに改善が進みます。

 
これはいくつかの案件で見てきた実感です。

 
 
「なかなか改善が進まないなあ」

と感じているのなら、

短い打ち合わせを増やすとよいかと思います。

 
最低でも週2回と書きましたが、

これはあくまで目安ですよ。

 
慣れるまでは毎日やってもいいと思います。

 
 
1年前に毎日打ち合わせをやっていた案件が

ありましたが、

とんでもない勢いで改善できました。

 
その後さすがに毎日はしんどいので、

慣れてきたこともあって

週3回に減らしました。

 
今は週1回なのですが、

進みが遅いです…(汗)

 
 
ちなみに、

チームのメンバーはほぼ変わっていません。

 
ということは、

経験を積んだ分だけ

スキルも向上しているはずなんですけどね。

 
週1回でもよさそうなもんですが、

現実は厳しい(笑)

 
 

あなたは、どのくらい打ち合わせをしていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

夜に玄関をピンポンと鳴らされると

ビクッとしますね(汗)

 
オートロック&モニター付きインターホンが

欲しい…(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ