倉林です。

 
 

昨日撮りためた

甥っ子たちの動画を見つつ、

ニヤニヤしております…(笑)

 
 

さて、

先日のメルマガで

やることを紙に書き出すと

紹介したのですが、、、

補足があります。

 
 
紙に書き出した後、

いつやるかをGoogleカレンダーに記入
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

しています。

 
 
軽微な作業だったら

記入してなくてもいいのですが、

30分や1時間などまとまった時間を確保する

必要がある場合には

Googleカレンダーの出番です。

 
 
これをやっておかないと、、、

時間がたくさんあるような錯覚に陥るんですよね。

 
すると、

「いつでもできる」

「まだやらなくてもいいかな」

「他の予定を入れちゃおう」

なんて思いやすくなります。

 
本当はやらないとヤバいのに、

現実感や切迫感を感じられないので

放置してしまうのです。

 
 
ですので、

他の人との打ち合わせと同じように

自分一人で行う作業についても

Googleカレンダーに記入しておきます。

 
「この作業は、○○の予定が終わった後に

やろうかなあ。

1時間で終わるかな」

なんて考えながら記入しています。

 
 
例えば、

最近ですと

こんな作業を記入しています。

 
・資料作成作業

・サーバ設定作業

・郵便局へ行く

・図書館へ行く

・移動時間

 
メルマガはもう習慣になっていて

忘れないので、

あえて記入はしていません。

 
 
ちなみに、

記入する時間ですが、

感覚値です。

 
「だいたいこのくらいかかるだろう」

という時間を記入しています。

 
 
当然、ズレるので、

前後に余裕を持って記入しています。

 
 
カレンダーや手帳を埋めて

予定をパンパンに入れるのがかっこいい、

と思っている人もいますよね。

 
僕もそうでした…(笑)

 
でもこれ、

あくまで結果的にパンパンになるもので、

狙ってやるものではないと思います。

 
 
カレンダーや手帳は

空白が多めの方が

時間に追われる感覚もないし、

やりたいことを思いついたときに

パッと行動する余裕があるので

幸福感が大きくなるのではないかと。

 
 
あ、

僕はスキマ時間を活用するのは好きですよ。

 
でも、

最初からパンパンに予定を入れることは

しません。

 
 
また、

「カレンダーに記入するメリットは分かったけど、

なんとなく記入しにくい…」

と感じることもあります。

 
それはきっと

やりたくない作業なのだと思います。

 
目を背けたくなるのも分かりますが(笑)

とりあえずカレンダーに記入しておいて

どうするかをあとで考えてみたらよいかと。

 
 
念のため書いておきますが、

自分でやる必要がない作業なら

やらなくてもよいでしょう。

 
(やらないか、他の人に任せる)

 
 
やることを紙に書き出したけれど

あまり進まない…

という方は、

いつやるのか具体的になっていないのが

理由かと思います。

 
 
カレンダーや手帳にいつやるのかを記入してみてください。

 
こうすると、

「○○の予定が終わったら

そのついでにやろう」

などと具体的に行動シーンをイメージしやすいので

わりとラクに着手できるようになります!!!

 
少なくとも前向きに考えるようになるので、

前進します ^-^

 
 

あなたは、作業予定をカレンダーや手帳に記入していますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

明日は朝から歯医者へ。

 
朝イチに予約をしてしまったのですが、

起きられるか不安…(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ