倉林です。

 
 

毎週1・2回は煮卵を作っているのですが、

だいぶ好みの味、半熟度で作れるようになってきました(笑)

 
 

本文の前に。

 
友人の かみのけいこさん からのご案内です!

 
もう、やみくもに頑張るだけの

精神論的な集客を

止めませんか?

↓ ↓ ↓
あなたにピッタリのお客様を
グングン引き寄せる!
「共感集客メソッド」
http://awake.kaminokeiko.com/l/c/NOEF31Ng/WpaZPbzM

 
 

さて、

「食べる通信」

ってご存知ですか?

 
参考:
https://taberu.me/

 
 
食べる通信は、食べ物付きの情報誌です。

 
例えば、

こだわりの卵が付いてきて、

その生産者さんのインタビューや

おすすめのレシピが載っています。

 
 
この生産者さんのインタビューが

いいなあと思ったのです。

 
 
卵を買うだけなら、

近所のスーパーでもいいし、

ネットでもいいわけです。

 
でもそうなると、

単に「モノを買う作業」になってしまいます。

 
ありがたみが薄れてしまいます。

 
安ければいい、

美味しければいい、

という基準でしか見ないようになってしまいます。

 
 
でも、、、

やっぱりこれでは悲しいなあと。

 
 
生産者の顔やこだわり、苦労などを知ることで

ありがたみを実感できますし、

単に美味しいというだけではなくて

「いのちをいただく」

感覚も味わえます。

 
僕たちの食事回数は有限ですからね。

 
どうせなら

1回1回を「濃い」ものにしたいと思います。

 
 
ネットで買っても

食べる通信で買っても

同じ卵なんですけどね。

 
やっぱりそこには明らかな違いがあります。

 
 
食べる通信を見ると

食費が上がりそうですが(笑)

ぜひ見てみてください。

 
あ、責任は持てませんよ ^^;

 
 
僕たちのビジネスでも活用できるとしたら、、、

 
 
例えば

自分のこだわりやストーリー、

お客様からの感想などをまとめたニュースレターを

届けるとか。

 
(できれば他者にインタビューしてもらうとよいです)

 
断然、(電子ファイルよりは)紙をオススメします。

 
ニュースレター単体で送ってもよいのですが、

商品やギフト、請求書を送るときに

一緒に送るとよいですね。

 
 
食べる通信を見てしまうと、

「こんなの自分にはできない…」

と思ってしまいますが、

食べる通信だって当初から今のカタチでは

ないでしょうし、

まずはできる範囲で

小さくマネしてみるとよいと思います!

 
 
物販をやっている人は

ぜひぜひやってみてください。

 
商品と一緒にニュースレターを送れますからね。

 
 
写真はスマホでいいですし、

梱包している姿を写真で撮るだけで

動きのあるいい写真になりますし、

ニュースレターの雛形はネットによくありますし、

手書きだってOKです。

 
ほとんどの競合他社はやっていないので、

品質はそこそこでもOKです。

やってみるだけで目立ちます ^-^

 
 
おどすわけではありませんが、、、

 
これをやらないと

「他と何が違うの?」

と思われますし、

金額だけで比較されますし、

「次はもっと安い店を探そう」

と思われてリピート受注もされにくくなりますし、

心の距離が遠くて「赤の他人」と同じ扱いになり

クレームを言いやすくなります。

 
 
いろんなことを予防できるので

ぜひ試してみて欲しいなあと思います!

 
 

あなたのこだわりや苦労を知ってもらう工夫をしていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

「心の距離」と書きましたが、

近すぎてなめられるというか…

下に見られるのはNGです(汗)

 
ほどよい距離で ^-^

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ