倉林です。

 
 

友人にすすめられて買ってみました。

日田天領水というお水です。


https://amzn.to/2DKRcrM

 
これが美味しいんですよ…!

ビックリしました。

ぜひぜひお試しあれ!

 
 

さて、

Facebook広告運用を本格的に始めて、

ビックリしたことがあります。

 
 
あるLPで登録した人は

無料登録者数は多いけれど

説明会セミナーにあまり来ないのに対し、

 
また別の(似たような)LPで登録した人は

無料登録者数はそれほど多くないけれど

説明会セミナーには来るという

事象が発生するのです。

 
 
ビジネスとしては後者の方が正解です。

 
説明会セミナーに来てもらわないと

商品・サービスが売れませんからね。

 
前者は、

欲しいものだけもらったら

さっさと離脱してしまった人が多いということです。

 
 
「メールアドレスの獲得単価(CPA)は

いくらなの?」

とはよく聞かれますし、

獲得単価が安いのが絶対に正解だという

雰囲気がありますが、、、

 
上記のような事例もありますので

トータルで判断しないとダメです。

 
 
ただね、、、

実際には難しいと思います ^^;

 
 
理由は説明会セミナーの申し込みが

増えてくるのが遅いからです。

 
皆さんも経験があると思いますが、

説明会セミナーのお申込みって

期限ギリギリになるまでしない場合もありますよね。

 
「行けたら行こう」

「残席が少なくなってきてから申し込もう」

「うーん。どうしよう。後で考えよう」

なんて思っていたら、

すぐに1ヶ月くらい経ってしまいます。

 
 
トータルで判断しようと思うと

LPを公開してから1ヶ月くらい

かかってしまうということです。

 
実際、

説明会セミナーの申し込みが増えてくるのって

少しずつ、じんわりなんですよ ^^;

 
1ヶ月もの間、

何も判断できないのは

ツラいですよね…。

 
こんな事情があるので、

多くの方は説明会セミナーまで含めて

判断をしなくなるわけです。

 
 
メールアドレス獲得単価なら、

すぐに分かります。

 
すぐにその場でとりあえず登録しておく

という人が多いですからね。

 
3日も経てば

良し悪しが分かります。

 
 
だから、ついつい

メールアドレス獲得単価を重視するのですが、、、

判断を誤ることも多いのです。

 
 
ではどうしたらよいのか?

 
 
メールアドレス獲得単価と

セミナー説明会申込み単価の

両方を見てください。

 
より重要なのは後者です。

 
 
メールアドレス獲得単価は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

足切りに使ってください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
「○○円だからOK!」と思うのではなくて、

「△△円未満だから”とりあえず”合格」

「△△円以上だから要改善」

とします。

 
メールアドレス獲得単価があまりに

高い場合には

トータルでもダメなことがほとんどなので(笑)

要改善という判断です。

 
 
このように短期と中長期の「二段構え」で判断すると、

素早く手を打てますし、

打ち手を大きく誤ることもないでしょう。

 
 
ちなみに、、、

売上金を回収できなかったら意味がないので(汗)

入金まで気を抜かずに…。

 
 

あなたは、短期と中長期の指標を持っていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

やっぱり新しいマットレスはいいなあ…。

快適です ^-^

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

一人起業家が売上を上げる50のヒント