倉林です。

 
 

今日ついにスタンディングデスクが!

組み立てるのに小一時間かかりました(汗)

 
ステッパーを合わせるとこんな感じです。


https://achievus.appassionato.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/IMG_5452-640×640.jpg

 
すんごい存在感というか

威圧感…(笑)

 
 

さて、

「ホームページを持っていないので

作りたいのですが…」

という相談を受けることがあります。

 
 
はじめに言っておきますが、

ホームページがないとダメ

ってわけではありません。

 
ホームページがなくても集客できているなら

OKです。

 
ホームページを作ったからといって

集客できるようになったり

売上が上がって元が取れたりする

保証なんてありませんしね。

 
(元が取れないケースの方が多いです)

 
 
本当にホームページが欲しいと思ったり、

あるいは

イメージがわかないという場合には、

とりあえず作ってみるとよいです。

 
専門家に発注(というか丸投げ…)

するという意味ではありませんよ。

 
 
ぜひご自身で作ってみてください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
無料で作れますから。

(例:ペライチ、WIX)

 
 
ここでの目的は

立派なホームページを作ることではありません。

 
だから、ダサくてもいいのです。

 
 
目的は、

ホームページ作りを通して、

自身のビジネスを全体的に見直すことです。

 
 
ホームページを作るとはどんなことか?

ホームページを作るのに何が必要か?

自分は何を発信したいのか?

どんな人に来て欲しいのか?

見込み客にはまず何をして欲しいのか?

 
などを

考えることです。

 
考える、といいますか、

ホームページを作ろうとすると

強制的に考えざるをえません(笑)

 
この強制力がいいのです。

 
 
自身のビジネスがよく分かっていない状態で

いきなり専門家に発注すると、、、

間違いなく失敗します。

 
制作会社もどんなホームページを作っていいのか分からず、

困りますからね…(汗)

 
ホームページ制作でトラブルが多いのは

これが原因です。

 
制作会社はビジネスのコンサルティングは

してくれません。

 
言われた通りに作るのが基本で、

そこからプラスアルファで何かやってくれたら

運がいいと思います(笑)

 
 
自身で作ってみたら、

「どこまで自分でできて、

どこから自分ではできないのか」

が分かります。

 
すると、

専門家への依頼の仕方も

グッと明確になりますよね。

 
こうなると、

騙されることもなくなりますよ(笑)

 
 
「よく分からないから丸ごとやって」

だと、

どうしても見積もりは高くなります。

 
本来は不要なオプションなのに、

「後でやると高くつきますよ」

なんて言われたら

「じゃあ、それもお願いします」

って答えてしまいそうですものね(汗)

 
 
そんなわけで、

クオリティはさておき

自身で作ってみることをオススメします。

 
 
あ、

最後まで自身でやる必要はありませんよ。

 
「ここだけお願いしたいなあ」

と範囲が明確になったら、

専門家に依頼してもよいかと。

 
そして本業に集中してくださいね ^-^

 
 

あなたは、まず自分でやっていますか?

 
(なんでもかんでもまず自分で、という意味ではないです)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今まで使っていたデスクは

料理などの作業台として

活躍してもらおうかと ^-^

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ