倉林です。

 
 

ついにスタンディングデスクを注文!!!

 
IKEAに決めかけていたのですが、、、

高さ124.8cmまで上げられるこちらにしました ^-^


https://amzn.to/2IaxhrR

 
IKEAの方は高さ120cmまでですし、

天板が薄くて弱いという話も

聞きまして ^^;

 
 

さて、

僕がFacebook広告運用を

担当させて頂いた案件の中で

「このまま広告を出し続けても

意味がないのでは…」

と思うことが

 
実はよくあります(笑)

 
 
そこからうまくいくかどうかは

「すぐに手を打つかどうか」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

次第です。

 
 
早く手を打つのがよいです。

 
そうでないと

お金と時間のムダですからね。

 
 
では、

どんな手を打つのか

例を挙げますと、、、

 
・プロモーションをいったん止めて、

 コンセプトを見直す。

・LPを見直す。

・メールやLINEの文面を見直す。

・セールスページを見直す。

・申込みフォームを見直す。

・広告だけ止める。

 他の集客方法は効果的だったら続ける。

 
 
ざっくりと「重い順」に並べてみました。

 
 
ちなみに、、、

 
「広告は見直さないの?」

と思うかもしれませんね。

 
もちろん見直しますが、

そもそも複数の広告を一度に出すので

常に検証はしているんですよ。

 
 
また、

広告を作るときには

LPを参考にしたり

LPから素材を持ってきたりします。

 
まずLPありき、なんです。

 
LPと広告とでズレがあると

とってもアヤシク見えますからね(汗)

 
 
ですので、

広告だけ直しても意味がありません。

 
LPを先に直さないと ^^;

 
 
これを無視して、

LPの品質を広告でカバーしようとしても

ムダに終わります。

 
いくら広告をたくさんクリックしてもらっても、

LPで離脱されてしまって、

その後の登録につながりませんからね…。

 
 
どんな打ち手が正解なのかは

分かりません。

 
案件ごとに変わります。

 
 
ただ共通して言えることがあります。

 
 
それは、、、

 
一発でうまくいかないことを想定して、

「打ち手を試していけるだけの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

余裕を見込んでおく」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ということ。

 
できれば、

「プロモーションをやり直せる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

余裕を見込んでおく」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
 
「はじめから2回やるつもり」だったら

かなりイイと思います。

 
この余裕があれば、

「とりあえずやってみて

ガンガン改善しよう」

と前向きな思考になりやすいのです。

 
 
逆に、

全く余裕がないと

「失敗できない…」

「途中でやめられない…」

と思ってしまいます。

 
誰が見てもうまくいかないのは

目に見えているのに、

続けざるをえないのは

かなり悲しいものがあります…。

 
 
多くの方は、

「どうしたらうまくいくの?」

「うまくいかなかったときの

打ち手を教えて!」

と切羽詰まった状態で言いますが、、、

現実的には問題はそこじゃあないのです。

 
ぜひ、

あらかじめ失敗することを

想定してみてください ^-^

 
 

あなたは、失敗を想定していますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

Amazonからオススメされているのですが、

サイクリングマシーンも欲しい…(笑)


https://amzn.to/2I5JfD4

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ