倉林です。

 
 

今日はFacebook広告の出張講師でした!

 
懇親会まで招待して頂いて

楽しい一日でした ^-^

 
 

さて、

今日の出張講師でも

お話ししてきたのですが、

 
たとえ本命の売り物が決まっていなくても、

無料オファーを作っておくのがよいです。

 
 
無料オファーというのは、

「メールアドレス(などの連絡先)を登録してくれたら

◯◯をプレゼントします!」

というときのプレゼントです。

 
 
メールアドレスがないと、

こちらから連絡できませんから、

セミナー集客や商品販売のときに

困ることになります。

 
だから、

メールアドレスを獲得する仕組みが

必要なのですが、、、

「メールアドレスを登録してください」

とだけ言っても、

登録はしてくれませんよね。

 
そこで無料オファーです。

 
メールアドレスを登録してくれたお礼に

無料オファーを差し上げます。

 
登録する理由が明確ですよね。

 
 
ところで、、、

 
皆さんはそんなに気軽にメールアドレスを

登録します?

 
 
しないと答える人がほとんどかと思います。

 
無料オファーが珍しい時代だったら、

「おお! 無料でもらえるの!?」

と喜んで登録するかもしれません。

 
でも、

最近は見慣れてきたこともあり、

そんなにすぐに登録する人はいません。

 
 
無料といえど、

それなりに魅力的なオファーでないと

登録してもらえません。

 
有料級のオファーを求められます。

 
これが現実です。

 
 
また、問題なのが

魅力的な有料級オファーって

そんなに簡単には作れないんですよ。

 
時間がかかります。

 
だから、

本命商品が決まっていなくても

着手しておくのがオススメです。

 
 
なお、

本命商品を売ったことあるのなら、

本命商品の一部を切り出して

無料オファーにすればよいでしょう。

 
売ったことがあるのなら、

どんなものが反応があるのか分かるはず。

 
 
整理しますね。

 
本命商品を販売する前に

リスト(メールアドレス)があるといいのですが、

それには無料オファーがないと

登録してもらえません。

 
無料オファーはしょぼいものでは意味がなく、

魅力的な有料級である必要があります。

 
そんな無料オファーを作るのには

時間がかかるので

前もって作っておきましょう、

というお話です。

 
 
魅力的な無料オファーができたら、

数千円で販売してもいいですしね。

 
それ無料オファーじゃないじゃん、

と言われそうですが(笑)

 
 
実際に販売できるくらいの無料オファーがあると、

その後の集客がラクになります!!!

 
ぜひ考えてみてくださいね。

 
 

あなたは、どんな無料オファーを作りますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

Facebook広告の概論を話してきたのですが、

難しいと感じた人が多いようで…(汗)

 
もうちょっと分かりやすく話そう ^^;

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ