倉林です。

 
 

最近、

立ったままパソコン作業をしています。

 
いずれスタンディングデスクを買いたいのですが、

まずはお金をかけずにテストしたいので

デスクの上のダンボールを置いて

作業しています。

 
まだ慣れませんが(汗)

集中力は格段に増しますね。

 
参考:
いずれ買いたいスタンディングデスク
https://amzn.to/2Ff5fZN

 
 

さて、

僕のところに

「Facebook広告をお願いしたいのですが…」

と来てくださる方の中で、

残念ながらお断りする場合があります。

 
広告を出しても

反応が得られない可能性が高いからです。

 
 
どこでそう判断するのかというと、

「LP」です。

 
お断りするLPには共通点があって、

「何を伝えたいのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

がぼやけているのです。

 
アピールポイントが一つもない場合もあれば、

複数ある場合もあります。

 
いずれにしても、ぼやけています。

 
これでは反応がある広告を作れません。

 
 
このときの目線は売り手目線ではなく、

買い手目線で、です。

 
売り手目線で

「これはいいLPだ!」

と自信満々に思ったとしても、

買い手目線で

「何を伝えたいんだろう…」

と思ってしまうのなら

ダメです。

 
買い手がとまどってしまうなら

お金をかけて広告を出して

アクセス数を集めても

ムダですからね…。

 
お断りさせて頂いております。

 
 
では、

どうしたらよいのか?

 
 
何を伝えたいのか、

よく分からないLPは

売り手側も事前にチェック可能です。

 
お金をかけなくてもできますし、

誰かにお願いしなくても

ご自身でもできます。

 
 
何かというと、

実際に広告を作ってみる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のです。

 
お金をかけて広告を出す必要はありません。

 
紙に手書きでも

ワードやパワーポイントでもいいので、

広告を作ってみます。

 
「このLPなら、

どんな画像で

どんなテキストがよいだろう?」

と手を動かしてみるのです。

 
 
イケてる広告を作るのが目的ではありません。

手を動かしてみるのが重要です。

 
Facebook広告のプロじゃなくても

できます。

 
 
何を伝えたいのかがぼやけているLPは、

この作業ですぐに分かりますよ。

 
手が止まってしまって

広告を作れませんから ^^;

 
 
何を伝えたいのかが明確なLPは、

「この切り口で作ってみよう!」

とすぐに浮かびますよ。

 
(繰り返しますが、

この時点では

切り口が正解かどうかはどうでもいいです)

 
 
広告を出すかどうかに関わらず、

LPで何を伝えるのかは超重要ですよね。

 
広告を出す予定がないという方も、

今回ご紹介したワークを

ぜひやってみてくださいね。

 
 
個人的には、

「LPを作る前に」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

やって欲しいなあと思います。

 
先に広告を作っておくと、

実にムダのない

すっきりとした明確なLPを作れます!

 
LPを先に作ると、、、

よほど気を付けないと

余計な情報の入った

やたら長いLPになりがちです…(汗)

 
 
オンライン勉強会では、

こんなことも惜しみなくお伝えしております。

 
月3,000円で2回参加できますのでぜひ。


Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」
https://academy.tamago.love/lp/

 
 

あなたは、そのLPでどんな広告を作りますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

あぶないあぶない。

今日はなぜかメルマガを書いた気になっておりました(汗)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまごアカデミー」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ