倉林です。

 
 

お客様から「日本一高い卵」を

頂きました!!!

 
桐の箱に入った卵です ^-^

 
1個800円です…(汗)

1パックじゃなくて…(汗)

 
 

さて、

今日は「日本一高い卵」を頂きました。

 
写真をアップしてありますので、

追伸をご覧ください。

本文を読んだ後に(笑)

 
 
日本一高い卵は

やっぱり美味しかったですよ!

 
黄身が色鮮やかで濃い。

そして、生命力を感じます。

 
今日はうどんにかけて食べましたが、

明日はTKGにして食べようかと。

 
 
日本一高い卵はですね、

桐の箱に入っていますし、

紙袋もしっかりとした作りです。

 
もう見た目からして違います ^-^

 
目でも楽しめますよ。

 
 
「日本一高い卵」という肩書は

インパクトがありますよね。

 
どんなものなのか気になります。

話題にもなりやすいです。

 
そして、探しやすいですよね。

商品名が分からなくてもすぐに探せます。

今回も、お客様が見付けてきてくださいましたし。

 
 
マーケティングの世界ではよく言われますが、

「1番」「1位」「No.1」

はやっぱり有効です。

 
「日本で2番目に高い卵」も

「なんで!?(笑)」

と気になりますが、、、

やっぱり1番の方が気になる人が多いでしょうし、

テレビなどで取り上げられるのも

1番の方です。

 
 
「1番」「1位」「No.1」

は待っていて手に入るものではありませんが、

逆算して作ることもできます。

 
「こんな商品だったら、日本一だろう」

と決めてから

それを作っていきます。

 
「1番」「1位」「No.1」

というと、

何やら大げさな感じですが、、、

ごく狭い範囲でもOKです。

 
そこから徐々に拡大していけばいいので。

 
 
2012年だったと思いますが、

起業したての僕の友人(公認会計士)が

渋谷ヒカリエの会議室で

異業種交流会を開催しました。

 
僕は事務局としてお手伝いに行きました。

 
(余談ですが、その交流会に来てくれた方の

何名かとはいまだに交流があります。

よくFacebook広告をご依頼頂く赤◯さんとか)

 
どうやらヒカリエで初めての

異業種交流会だったみたいで、

「渋谷ヒカリエNo.1」

とかチラシに書いていました(笑)

 
 
「何それ恥ずかしい…」

と引く方も多いと思いますし、

僕も当時そう思っていましたが(笑)

 
今や彼は従業員を何名も抱えて

ある分野の助成金や補助金では

むちゃくちゃ有名みたいです。

 
助成金や補助金でも、

コツコツとNo.1を作っていたのだと思います。

 
 
始まりはごくごく小さい「1番」「1位」「No.1」

かもしれませんが、

あくまで始まりが小さいだけですからね。

 
他者の目を気にして恥ずかしがらず、

一歩を踏み出してみたらよいかと思います。

 
 
僕もこっそり狙っているものがあります(笑)

 
 

あなたは、どんな「1番」「1位」「No.1」を

作りますか?

 
(ムリして狙う必要はありません)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

その日本一高い卵は、

僕の実家の近所で売っております(笑)

 
運命を感じますね。

 
参考:
https://achievus.appassionato.co.jp/2018/12/8454.html

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ